YUTA録

ちょっとここで断酒について考えてみた

Scroll down to content
酒飲んだ次の日のワタクシみたいだ

ぼちぼちワタクシが断酒を初めて10ヶ月が来そうです。やり始めは、ここまで断酒が続くとは思ってなく、3週間を目指してました。それが「一生酒を飲まん」と思うようにまでなりました。酒をやめた当初は、それほど今までの酒飲み人生で、「酒やめるよ」という大きな失敗や恥をかいていたという意識はなかったです。

本当にそうか?

でも酒をやめて3週間ほどでしょうか…世間でワタクシの仲良しの人たちって、もしかしてワタクシのことを「ナメてね」って感じるようになりました。実際そうかもしれませんし、ワタクシの被害妄想かもしれません。しかし自分が酒をやめてしばらくすると、酒を飲んでグダグダ言っている人や、二日酔いでダルそうか、やる気のなさそうな人、朝に昨日の酒が残っていて酒臭い人…などなどを完全にアルコールから抜けた頭や身体や心で見てると非常にだらしなく、とても本気で信頼し合おうとは思えなくなりました。それって、その酒飲みの対象者って以前の酒をかっくらってた自分とかぶるんですね。そう思うと酒を飲んでいたワタクシを見て周りの人たちがワタクシをどう見ていたのか…非常に腹立たしいですね(自分が悪いのだけど)

よく考えたら、ヤバイ橋を渡ってた

それに、酒飲んでの失敗は大してしていないと思っていましたが…今から考えると、非常にヤバくて、よく警察のお世話になったり、世間から抹殺されなかったな…ってこともあります。それは、ただただ運が良かっただけで、酒飲んでるから大目に見てねって当時は普通に思ってました。

・まとめ

危機感なくこんな感じで酒飲んでたなぁ

今世間では、酒を飲んでの失敗は激しく断罪されています。それは全く当然のことですし、やらかした人は自分の罪に真摯に償わないといけません。しかし、同時にその人を狂わした酒自体については、全然非難の声が上がらないのはどうしてでしょうか…。被害者も加害者も激しく人生を狂わせてるのに、その元凶の酒は全く注意を払われない…。厚生省も医者も長期のアルコール摂取は癌になりやすいですって言ってるのに…。もちろんワタクシと違って、大多数の人たちは節度ある飲み方をして、楽しくお酒と付き合っていると思います。しかし一方で酒が過ぎて、一生を台無しにする人がいるのも事実です。酒で人生を台無しにしそうと一瞬でも感じたことがある人は、今すぐ断酒をお勧めします。それに断酒を進めた先には、自分でもびっくりするぐらい変化した自分を発見できるでしょう。

大きくなるぜ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。