YUTA録

日本100名城 ⑦福山城を制す

Scroll down to content
THE 城という佇まいですね

今回も広島県の城を攻略しに来ました。広島県には、吉田郡山城一つのみになりましたが、ワタクシの家からかなり離れているので正直面倒臭いです。しかし福山城はワタクシの家から高速を使えば約一時間で来れる場所です。今まで一度も行ったこともなかったのが不思議です。しかも新幹線ホームから凛々しい本丸や櫓もみることもできましたので、いつも行きたいと逸る心を落ち着かせていました。

青空が映える城ですね

福山城も本丸入館のみお金がかかります。大人200円という破格のお値段です。城や見るところも結構手入れが行き届いているのに安いです。展望台までの間に6層もの階に展示物あります。日本刀、甲冑、兜、火縄銃、書画などの絵画、書状、果ては古代の福山の土器など福山全般の歴史が学べます。特に何故か兜を一押しでして、展示数が半端なく多かったです。しかし、展示している部屋は古いためなのか、すこし殺風景であり、同じ鉄筋コンクリート城の岡山城や広島城に比べると寂しい印象を受けました。あと折角イロイロと展示していても説明書きがないものや、展示名自体がないものもあり、詰めの甘さを感じます。展望台はとても見晴らしが良く、殿様気分が味わえます。また低い手摺しかないので風景写真が撮り放題です。

左上:江戸時代の城のミニチュアがあります。左中:伏見城から移築した湯殿(復元)左下:伏見櫓(本物)
展望台から庭と新幹線、福山の街並みが見えます
庭にはフォトジェニックがいっぱいです。

城の中はいつものごとく写真が可能なところは少ないですが、外の庭では撮り放題です。とても手入れが行き届いた庭で、無料なのが不思議でした。お茶屋さんもあるみたいでしたが、開いているかどうかわからなかったので、ここはスルーしました。

上、中:灯篭をアートっぽく色調整しました。右下:福山駅から撮影

・まとめ

福山といえば、我々岡山人は広島のオマケみたいなイメージでした。それに城も大した事ないんちゃう?って思っていました。しかし、実際はかなり本格的な城郭だったんですね。ホントすみませんでした。確かに庭など少し小ぶりですし、展示物の仕方ももっと工夫したほうがいいし、広島城みたいにビデオ展示などしてもいいし、外人向けにコスプレコーナーを作っても受けると思います。実際、広島城や岡山城と違って、外人の観光客は皆無で、来てたのはワタクシと同じボッチの城マニアだけでした…。新幹線から降りてすぐに見学できる最高の立地場所である福山城…もっと知名度があっていいのにと思いました。

今回のカメラはK-1 Mk2 です。レンズはFA 77mmF1.8 Limited 、D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR でした。最後の福山駅からの写真は、GR2 です。

オマケで、福山の街並みをGR2で撮りました。スナップシューターらしく街ブラの写真が撮りやすいです。
ポチッとよろしくです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。