YUTA録

リコーGRⅢで、街角スナップして来ました

Scroll down to content
ハイコントラスト白黒だとなんでもオシャレに写ります

ええ、やっぱりGRⅢを買いました。ペンタキシアンとして、リコーの応援団の一員として、いつかは買わないといけないと思っていました。どうせ買うなら早めがいいだろうということで、買ってしまいました。で、早速GRⅢらしく岡山の町並みをスナップしました。RAW+で書き込みました。JPGはイメージコントロールのポジフィルム調、ブリーチバイパス、ハイコントラスト白黒をU1、U2、U3に入れて、Pモードにビビットを設定して、合わせて4パターンのイメージを設定しました。それぞれを被写体に応じて、ワタクシの気分で切り替えて撮って来ました。

ブリーチバイパス、ハイコント白黒

本来草花は、ビビットか風景モードで撮っていましたが、ここはGRⅠからの伝統の上記二つのイメージで撮りました。はっきり言って、ビビットだと背景や被写体自体の汚さや、ありきたりで面白みのなさが出て間違いなくボツ写真になっていましたが、イメージを変えるだけで、なんかシャレオツになるのは楽しいです。

無加工で撮って出しなので、スナップの臨場感や街の煩雑さを伝えられます

間違いなく一眼とは違う写真のスタイルで撮影できます。もちろん一眼みたいにじっくりと構えて、フレーミングを丁寧にして、開放絞りを設定してシャッターを押すということもできますが、今回はスナップに絞って撮りました。

ポジフィルム、ビビット

もちろんポジフィルムやビビットで撮っても素晴らしい色と解像度です。またAFは迷いまくりますが、マクロも撮れますし、F2.8の開放付近で撮るとボケ感もしっかり出て、被写体を浮き上がらせます。「絞り開放同盟」のワタクシといたしましても大満足です。

ブリーチバイパスでクールに、ハイコント白黒でアーティスティックに

・まとめ

主に、ブリーチバイパスとハイコントラスト白黒をメインに撮って来ました。操作はいたって簡単で、カメラ初心者でもすぐに扱えます。また叩き出す画像の素晴らしさに、「俺ってカメラの才能あるんじゃね?」などと勘違いをしてしまい、挙句にカメラ趣味に開眼してしまい、カメラ沼、レンズ沼にハマりこむという罠を感じてしまう恐ろしいカメラだと思いました。まぁそれはGRⅡでワタクシが実際になったことですので、実証済みです。ただ撮影中に設定などをいじっていると、カメラ自体がすごく熱くなります。撮影だけをリズムよく撮っていても熱くなることはないのですが…。まだまだ使っていない機能やシチュエーションもあるので、どんどん使い倒したいですね。ただ…カメラってGRⅢだけでいいんじゃね?って感じてしまうかもしれないのが怖いです。

GRⅡより横幅が小さくなりました
ポチッとお願いします

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。