YUTA録

香川まんのう公園に行ってきた

Scroll down to content
まんのう公園のマスコット「ドラ夢」君?ちゃん?です

まんのう公園は龍がイメージキャラクターなんですね。そもそも龍にオス・メスはあるのでしょうか…今の時代に合わせてジェンダーなのでしょうか…。その辺は私にも分かりかねますが、香川まんのう公園で例のごとくカメラを振り回しました。噂通りお花がいっぱい咲いていて、フォトジェニック満載です。今回は、ボッチでは無いです。母、ムスメと一緒です…。

平日は人が少なくて、カメラを振り回し放題です

早速ムスメに母を押し付けて、カメラを振り回しに公園内をウロツキました。いたるところに花壇や洒落た置物、紫陽花コーナー、芝生を植えたダダ広い丘、滝やアスレチックコーナーなどフォトジェニックがいっぱいです。

日中シンクロで撮りましたが、Lightroomだとフラッシュアイコンが出ないんだよなぁ

紫陽花もいっぱい咲いてまして、それぞれの種類も丁寧に表示されていました。お花の勉強になりますが、ワタクシは花の名前にはあまり興味がないのでスルーです。

園内には様々な生き物がいます

やはりカメラスポット満載ですので、カメラをぶら下げている人も多く見かけました。ボッチ男性カメラ小僧はおっさんより上、ボッチか女性だけのグループのカメラ女子は若い子、カップルのカメラ小僧は若い子〜爺さんまでと、若いカメラ女子が確実に増えている模様です。なんかさぁ…ワタクシを含めておっさんカメラ小僧って被写体にガツガツ感満載なんだよね…。それに比べてカメラ女子はスマートでおっさんが目をつけない部分も撮っているので、カメラ女子の撮った後などを参考に撮ったりしました。ただあまり後を追って撮っていると、変態と思われる事案があるので注意です。

GRⅢはいい仕事をしました

今回は、K-1 MkⅡ + D FA MACRO 100mmF2.8 WRをメインにGRⅢをサブに持って行きました。しかし、K-1でマクロで撮るよりもGRⅢのマクロで下から煽って撮る方が楽しくて、ついついそちらの画が多くなりました。またGRⅢのイメージコントロールも素敵な画を出してくれるので、気がつけば半分はGRⅢでの写真になっていました。それにGR3の手振れ防止が素晴らしすぎて、滝をシャッタースピード1秒にして撮ってもブレのない思った通りの水の流れをゲットできました。

・まとめ

花のマクロって花弁にピントを合わせるのかなぁ

一時間ぐらい撮影を楽しんでいたところ、ムスメからお袋が「花しかねぇじゃねぇか」と文句を言い出したし、自分も腹が減ったから帰りたいとの連絡が入り、楽しい撮影会は終了です。まぁ花しかないとは言われても、花メインで来てますし…。至る所に眺めのいい休憩のできるベンチが置いてあり、トイレも清潔、花や芝生の手入れも行き届いているしで、文句のつけようがない公園でした。今度は大好きな FA77mm F1.8 Limited のレンズで来たいですね。断酒して、カメラ趣味を始めてホント良かったと思いました。

GRⅢでの高松のストリートショットです

最後に高松で、ケーキと晩飯を買って帰りました。ここでもGRⅢが大活躍です。右手にストラップを巻いてGRⅢを振り回しても全然目立たず、少しでも良いなと思った瞬間を切り撮れます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。