YUTA録

やっぱりモノクロはハイコントラストの方がスキです

Scroll down to content
左:K-1 MkⅡ 右:Lightroom加工

今回は深山公園で、K-1 MkⅡのモノトーンでマゼンダの調色で撮りました。レンズは、smc PENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited です。前回の銀流しと同様に、同時にRAWも撮り、Lightroomで加工しました。加工してわかったのですが、一番最初のポールの写真を見ると、広角特有の歪みも直してくれてますね。Lightroomステキすぎです。

味はあるが地味かな…

Lightroomでは、高コントラストのモノトーンでの加工です。本来の画像はカラーです。レンズが広角ですので、遠景が多くなりました。実際モノトーンでの鑑賞よりもやっぱりカラーがいいです。というか、FA31mm Limited の描写が素晴らしすぎて、カラーで見たい…。

モノトーンだと、広角で映り込む余計なものも、気にならなくなる場合もあります

いつものコースを一時間ほどかけて撮り続けましたが、ヤッパ飽きてきます。ただ、いつもならカラーで撮ると単調だったり、インパクトがなかったり、余計なものが写っていたり、面白みがなかったりしてボツになっていた写真も、モノトーンならいい味じゃんとなる場合があります。

・まとめ

もう飽きてきた

最後になってくると、何か派手なものを撮りたくなってバラ園に行きました。まだまだワタクシごときでは、モノトーンでの良さを叩き出すことは難しいみたいですね。ただ、やはりGR風なハイコントラストのモノトーンが好きです。あと、今回は広角で撮ったので、腕がないワタクシだとありきたりの写真になり、面白みがかけたのかもしれないですね。今度はFA77mm Limited あたりで、撮った写真をハイコントラストのモノトーンに加工してみます。

やっぱりカラーは良い

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。