YUTA録

ワタクシが何故カメラにハマっているか自己分析してみた

Scroll down to content
IMGP2849.jpg
最近生命力のあるものに惹かれます

ワタクシの趣味はカメラです。しかしカメラ歴は、まだ半年にも満たないです。では何故カメラを趣味にしたのかというと、断酒がきっかけですが、ここまでガチハマりになったのは何故でしょうか。

5025F49B-4FC0-4D6C-BA03-F1EED342D22A.jpeg
キノコがいっぱいでした。今回も文面とつながりがない写真ばかりです。

当初は、断酒をすることで酒以外のハマるものがないと、元の大酒飲みに戻ってしまいそうだから、カメラにハマって酒を忘れようとしているのかと思っていました。しかしよくよく考えると、もっと根源的な何かを感じるようです。

41FDEC46-132D-4C51-A658-58E653F141EB.jpeg
木の根っことか強い生命力を感じます

ワタクシは美容師です。美容師の仕事は技術と接客サービスで成り立っています。どちらも大事ですので、その二つに秀でた人は、とても人気の美容師になれます。で、ワタクシはどちらかというと技術系の美容師です。というかもっと詳しく言えばカット技術が好きな美容師です。27年間カットしていますが、今だにカットをするのは楽しくて飽きません。ただそこにはビジネスというお客様と美容師との関係性がありますので、好き勝手にカットすることはできません。しかし、カメラはビジネスが全然絡んでないので、好き勝手に被写体を決めて、レンズを選択し、構図を考え、露出を決めてシャッターを押すことができます(世間様のルールと法令に則ってです)。

IMGP2843.jpg
背景のボカしをどの程度にしようか、色々と悩んだショットです。

カメラを扱うには、別に深いカメラの知識や理論はなくてもシャッターを押すことはできます。俺は感性で写真を撮ってるんだよ…と言うことですね…でも最初はそれでも楽しいですが、上手い人の写真を見たり、基礎の技術や理論をネットや本で学んで、徐々にカメラスキルを身につけていくと、より楽しくなってきました。それって、カットを学び始めた時と似ているのですね。カットの習い始めはただハサミを振り回すことが楽しかったのですが、お客様の要望に技術が上手く答えられず、辛い経験をしながら学んで、トライアンドエラーを繰り返して、気が付けばカットスキルが上がっていた…で、もっともっと学んで上手くなっていきたい…カットをするのが始め以上に楽しくなってきた…と言うことです。

・まとめ

IMGP2839.jpg
雨上がりの木々からは、生命力をいっぱいもらえますね。

大げさに言えば、カメラを通して27年間の美容師としての軌跡を辿っているのではないでしょうか。しかもそこにはビジネスが絡んでないので、売上目標、スタッフ教育、顧客満足度、新規顧客募集、固定客へのさらなるアプローチ、新メニュー開発等々と全く気にする必要がなく、ただただカメラをやりたい様にやればいいので、全然ストレスがありません。写真をコンクールに出すとか、ブログでアフェリエイトで一儲けしようなどは全く考えていません(今んとこは)。ただ純粋に一つの技術を学ぶ楽しみ…若い時はその後の栄光を夢を見てですが…ワタクシの歳になれば、栄光なんてどうでも良いし、カメラでお金儲けを考えた瞬間に、楽しさが半減するか、やめてしまうかになりそうで怖いです。だって…今までのレンズ資産が無駄になる…。これからも暫くはカメラ趣味が続きそうです。

IMGP2814.jpg
最近はローポジションの撮影がスキです。

バナー1.jpg

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。