YUTA録

Nic Collection でナチュラルに仕上げるのもありかもと思ったんです。

Scroll down to content
スーハーパンチ_Nik.jpg
スーパーパンチ

前回のNik Collection で、けしからんほど素晴らしい加工を簡単にできるというのをお伝えしました。で、今回も前回と同じNik Collection(以下Nik) のColor Efex Pro4で加工しました。加工レシピは20種類ある中で、前回は10種類使ったのですが、どれも加工して違いがクッキリハッキリ出てしまうのばかり使ってしまいました。

ソフト&粒状感_Nik.jpg
ソフト&粒状感

それで今回は、レシピ名はやや中二病的なモノもありますが、仕上がりがナチュラルなものばかりになりました。今回もキャプションはレシピの名前です。

スーパークロスポップ_Nik.jpg
スーパークロスポップ

これなんかトーテンポールの不気味さを醸し出していると思います。まぁ実際人気がないときに見ると十分不気味なポールなんですが、写真にするとナチュラルに写りすぎて、何だかなぁと思っていました。しかしこの加工は、その何だかなぁの不気味感を醸し出してると思います。

ソフトなミュート_Nik.jpg
ソフトなミュート

実際は、画像をNik に取り込んだ時に、その画像に合わせて露出や色味などをレタッチしてくれていますので、そのままの写真を使っても十分綺麗です。また、レタッチの雰囲気はLightroomとも若干違いますので、いつもLightroomでレタッチしている身としましては、Nik でのレタッチも新鮮でいいです。

曇りの日でも_Nik.jpg
曇りの日でも

実際の写真はもっと明るいのですが、トーンを下げて朝の清涼感が出ていると思います。これなんかワタクシの脳内の朝のイメージにピッタリときて、シビあん(痺れる案件)なんですが…。

レッドロック_Nik.jpg
レッドロック

ただ前回のNikの加工がすごく派手だったので、今回はちょっと物足らないです。しかし、20種類のレシピを自分なりに好きな画像にかけていくと、自ずと自分の好みや嗜好が分かってきて、あ〜この画ならこのレシピでしたいなぁ…と少し使いこなし感が出てきます。

ソフトランドスケープ_Nik.jpg
ソフトランドスケープ

また今回のレンズが FA31mm Limited なので、描写が優しく出て朝の落ち着いた爽やかさも出てると思います。でもレシピ名は中二病っぽいんですが…。

はっきりした凹凸_Nik.jpg
はっきりとした凹凸

まるでHDRみたいにハッキリと画が出ています。栗もしっかり描写されてます。

HDRのように_Nik.jpg
HDRのように

まさしくソフトなHDRみたいです。これぐらいのHDR感がわざとらしくなくて良いかもです。

ウォームサンセット_Nik.jpg
ウォームサンセット

Nik にはまだHDRに特化した加工やオールドカメラ風に仕上げたりするものや、モノクロに特化したもの、ポイントカーブを極端にコントロールできる物など色々あります。ワタクシもまだまだ把握できていませんので、今後もNik Collection を使い込んでいきたいです。

今回の機材 ペンタックス K-1 Mk-2 + smc PENTAX FA31mm AL Limited

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14ec.jpg
神レンズとの異名をとっています。ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。