YUTA録

山と海で超広角レンズの素晴らしさを堪能する(HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR)

Scroll down to content

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_236a.jpg
瀬戸大橋も一望です。

もう9月も半ばに差し掛かっていますが、朝から真夏のような暑さです。しかし天気は最高にいいので、さっそく早朝からK-1 Mk2にHD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRを取り付けて、超広角ならではの写真を王子が岳と渋川海水浴場に撮りに行きました。(注釈がないものは全部ワイド側15mmで撮っています)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2364.jpg
魚眼レンズでもこの構図は取りましたが、歪みのないパース感はやっぱりいいモノです。

まだ六時台ですが、暑い…。しかも蜘蛛の巣がいたるところに張り巡らせているので、定番のニコニコ岩までは、蜘蛛の巣トラップのため行けませんでした。なぜって?あたしゃあ蜘蛛が苦手なんだよ…。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_237c.jpg
上が30mm、下が15mm どれもF8です。

せっかくなので、ワイド側15mmとテレ側30mmを比べてみました。ほぼ同じ位置で撮りましたが、瀬戸大橋の大きさや、空の雲の数、手前の丘の写っている度合いなど、かなりの違いを感じます。大きな画面で見るとワイド側でも瀬戸大橋はばっちり見えますが、小さい画面だと気がつかないかも知れませんね。撮るシーンによっては、テレ側30mmの方が、主題を伝えやすくていいです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2365.jpg
自分の影が実際よりも長く写っています。

あとワイド側の雲の流れの雄大さはホント迫力があります。今まではK-1もフルサイズの超広角の単焦点があれば即買いだな!!と下手クソのくせにコダワリ文句を言っていましたが、広角レンズでの15mmの違いがこんなに大きいと、15-30mmの広角ズームレンズの方が便利なのは当たり前として、写真を撮る楽しみの幅や技量を上げてくれるみたいです。ペンタさん、タムロンさん、ホントありやとあんした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2378.jpg
30mm 右上以外はF2.8 右上のみF13 ネコの信頼をなんとか得て、撮ることができました。

レンズから20cmぐらいの距離まで近づいて撮りました。背景のボケ具合、ネコの顔に合わせたピントの解像度など素晴らしいです。またF13まで絞っても全く小絞りボケは出ませんね。ワタクシの目が節穴だけかも知れませんが…。あと地味にライブビューモニターは便利すぎです。今後も積極的に使っていこうと思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_236f.jpg
F16 光芒も出ていますが、この角度だとゴーストは出ませんね。

撮影中になぜかいつもいないのにワタクシの好きな撮影ポイントの二つに、それぞれ違うオッサンが寝っ転がっていました。別にオッサンだって寝っ転がるだろ?ってことですが、平日の朝の6時台から、山のてっぺんまで来て寝っ転がらなくても…いいとお思いません?まぁとりあえず彼らに幸アレです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2372.jpg
さすがは超広角です。与島から坂出までの瀬戸大橋10キロの全長が写ります。

上記の画面の中央に瀬戸大橋が横たわっていますが、見えますでしょうか?かなり遠くに見えますが、実際には砂浜から見たらもっと大きく見えます。写りはダイナミックですが、超広角故の難しさですね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2374.jpg
どこまでも続くよ砂浜が…。

でもこのような構図だと、ずっと砂浜が続いているようでロマンがあります。しかし結構短い砂浜です。足跡があったりしていい感じでした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2370.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2371.jpg
空と海とカッターのカバーの青、砂浜のサンドカラー、カッターと雲の白。最高の組み合わせです。

全くこのレンズの色ノリの良さには舌を巻きます…とどこかのカメラブログで見ましたので、真似てみました。ホント素晴らしい色と写りですね。すごく暑い日でしたが、どことなく夏が終わって、秋の気配を写真から感じませんか?え、、、?感じないの?やっぱりそうか…。もっと腕を上げます…。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2375.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2376.jpg
F16 ゴーストが出てます。

ワタクシは光芒が好きですので、フレアやゴーストもあまり嫌いません。またフレアはある程度Lightroomでコントロールしますので、両方ともアジとして考えています。ただ光芒を入れる位置によっては、フレアやゴーストが出ない時もあります。どうも上記の写真のように端っこに光芒を入れるとゴーストが出やすいようです。やっぱり出目金レンズ故の部分なんですかね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2377.jpg
意外に海に透明感がありますね。瀬戸内なのに…。

やっぱり遠景は広角が楽しいですね。あと室内でも試してみたいです。ズームレンズでもF2.8通しなので、ファインダーを覗いても明るくて、ワクワクします。K-1 Mk2 と合わせて2キロを超えますが、バランスが良いので撮りやすいです。しかし、女子並みの筋肉のワタクシの場合、気がつかないうちにレンズが下に少々傾き、若干ハイアングル気味になりやすいです。気をつければ、大丈夫なレベルですが、15mmで撮っているとホンのちょっとの傾きが、意図したイメージとかなりかけ離れますので、注意が必要です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2373.jpg
「タムロンのOEMだから使わないよ」って言ってるのが惜しいぐらい素晴らしいレンズです。

今回の機材 K-1 Mk2 + HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_22fd.jpg
出目金がカッコ良すぎです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1027.jpg
ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。