YUTA録

リミテッド三姉妹で行く①香川県栗林公園

Scroll down to content
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2437.jpg
FA31mm Limited F8

最近重たいレンズばかりを持ち出していたので、ここらでペンタックスの原点である軽くて小さいレンズだが、写りはサイコーと言うのを味わいたくなりました。で、FAリミテッド三姉妹で香川県の栗林公園に行きました。新シリーズ「リミテッド三姉妹で行く」です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_243a.jpg
FA31mm Limited F9

今回の栗林公園で撮った写真は、「断酒で名所③香川県 栗林公園」にも違う写真を使いましたので、そちらの写真も参考にして頂けると嬉しいです。で、まずはFA31mm Limited です。やっぱり絞ると文句のつけようがないぐらい抜けと写りが良いです。DFA15-30mm とは違う優しい写りに何だか癒されます。特に軽いので、あ〜あれなんか良いじゃん…と思った時にはすぐに構えてシャッターを押し、いやもっと近づこう、いや距離を取ろうとフットワークがキビキビ取れます。適度な運動が必要な中年には打って付けのレンズです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_242b.jpg
FA43mm Limited F8

続いては、FA43mm Limitedです。栗林公園みたいな適度にひらけた所がある庭園は、43mmと言う画角が使いやすかったです。特に50mmよりもちょっと広いことが、フレームにちょうど良い納まり感を与え、同時に50mmよりちょっと得した感があります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2431.jpg
FA43mm Limited F5
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_242e.jpg
FA43mm Limited F1.9

FA43mm LimitedはF8まで絞ると隅々まで解像し、F5ぐらいだと背景ボケがなめらになり、F1.9の開放にすると背景ボケにキラキラと玉ボケが出てきます。FA Limited 3姉妹では、一番ボケをコントロールしやすく、安心して開放からドンドン使えます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_242c.jpg
FA43mm Linited F4

ポートレートもしやすくて、横フレームならFA77mm Limited のポートレートよりも、ワタクシは使いやすいです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_242d.jpg
FA43mm Limited F5.6
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2430.jpg
FA43mm Limited F9

光と影の描写も良いです。ホント何気ない風景が、ハッとする写真になります。43mmと言う不思議な画角は、使い手によっては広角として使うか、標準として使うかと悩むことがあるかもしれませんが、ワタクシに関して言えば、FA Limited 三姉妹の真ん中を埋める良いとこ取りの画角で、非常に使いやすいです。また今まではFA77mm Limited を神と崇めていたのですが、今回43mmをどっぷりと使ったことにより、ワタクシの中では、FA43mm Limited… 一番じゃね…という感想になりました。まぁこの辺はペンタキシアンの中でも論争が激しく、それぞれの姉妹を擁す勢力があると思いますが…。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2435.jpg
FA77mm Limited F5

やはり真打は、FA77mm Limitedでしょう。F5まで絞ってもこのボケ具合…ヨダレが出ますね。何を撮ってもゲイジュツにしてしまう不思議なレンズです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2432.jpg
FA77mm Limited F5

前ボケも素晴らしく、きちんと絞りを調節して、思ったボケが出るとヤッタネと呟いてしまいます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_243b.jpg
FA77mm Limted F8

F8まで絞るとモデルはクッキリ写り、背景が適度にボケて良い具合です。ファインダーを覗いてシャッターを押す時に「勝ったな…オレは」(何に?)とココロで呟いてしまいます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_243c.jpg
FA77mm Limited F4.5

F4.5で景色を切り取るように撮ると、独特のふわっと感を感じます。午後の優しい光と相まってココロで「勝ったな…オレは」(だから何に?)と呟きます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2440.jpg
FA77mm Limited F1.8

開放で撮ってみました。ほぼ全体にピンボケ状態ですが、緑が美しすぎてボツにできませんでした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_243d.jpg
FA77mm F16

水面に反射した光芒です。ゴーストも出ていますが、これはこれでオールドレンズっぽくてアジがあると思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_243e.jpg
FA77mm Limited F8

遠景も絞ればこの通り、バッチリ解像しています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2441.jpg
FA77mm Limited F3.5

開放気味でもこの光と影の描写がすごいと思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2444.jpg
FA77mm Limited F7.1

蜘蛛の巣にピントを合わせました。AFだと一生合わないのでMFで合わせました。この蜘蛛の巣の描写力は凄いです。このレンズは本当にフィルム時代のレンズなのかと疑ってしまいそうです。先程はあれほどFA43mm Limited を持ち上げておきながら、ヤッパリFA77mm Limited が素晴らしいです。つまりFA77mm Limited は神であり、FA43mm Limited は人間界で一番と言うことにしておきましょう…。しかし…多分…次回の「リミテッド三姉妹で行く」では、好きなレンズは変わっていると思いますけど…。次はどこ行こうかなぁ。。。

今回の機材 K-1 Mk2 + smc PENTAX-FA31mmF1.8AL Limited / smc PENTAX-FA 43mmF1.9 Limited / smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1616.jpg
このレンズがあるから、K-1の存在がある…。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2420.jpg
ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。