YUTA録

散歩がてら、HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR で撮ってきました

Scroll down to content
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2472.jpg
毛並みのモフモフ感がたまりませんなぁ。

先日購入した大三元レンズ最後のHD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR を深山公園で、散歩がてら撮ってきました。もう散々深山公園で撮りまくっていますので、少々飽き気味なワタクシですが、その分どこに何があるのか大体わかっていますので、撮影はサクサク進みました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2469.jpg
広角24mm F8

はぁ…。なんたる抜けのいい爽やかな風景を撮れるのでしょうか…。ワタクシの自宅からものの十分で来れる場所にこんな素晴らしい写りが撮れる場所があるとは…ホント感謝です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_246a.jpg
錆やコンクリートの質感がなんとも言えないぐらいリアルです。

もう九月の半分を過ぎたと言うのに、この暑さは身体にこたえますね。それでも早朝は公園の中だと少し肌寒い所もあったりします。早く秋にならないかなぁ…。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_246b.jpg
29mm F5.6

今回この木々の写りで優しい秋の朝の光を表現したくて撮りました。ちょっとホワイトバランスを調整したりしましたが、光の柔らかさは表現できたかなぁと思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_246c.jpg
29mm F14

光芒を入れてみました。ゴーストが出ています。DFA15-30mm F2.8 では、この位置の太陽ではゴーストは出ませんでした。まぁワタクシはゴーストもアジと考えていますので、この程度のゴーストでしたら、目くじらをたてることはありません。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_246d.jpg
F2.8
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_246e.jpg
F4
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_246f.jpg
F5.6
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2470.jpg
F2.8

開放からF5.6まで絞っても背景ボケは綺麗で、ワタクシの好みです。特にF4ぐらいの絞り加減が、ピント部分と背景ボケとのバランスが合っていて好きです。それに、白い花は開放で撮っても花弁の先から花びらまできちんと解像できていてびっくりしました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2467.jpg
F2.8

ただ背景によっては、開放で撮るとグルグルボケになることもありそうですね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2471.jpg
F4 うん、やっぱりこれぐらいの絞りが好きです。

今日はとりあえず、試写を兼ねての散歩でしたので、あまりゆっくり撮れませんでした。休みにガッツリ撮ろうと思います。また、絞り開放同盟もする予定です。今回のレンズは標準ズームレンズですので、大三元レンズ兄弟の真ん中です。世間では三兄弟の真ん中は変わり者が多いと言われていますが、このレンズに関しては、非常に素直な優等生じゃないのかなぁと言うのが、今回の少ない時間の初撮りでの感想です。さて、今後このレンズがあれば大丈夫と言わしめるレンズになるのか、期待して使い込んでみます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2468.jpg
APS-Cにクロップしても素晴らしい写りです。

今回の機材 K-1 Mk2 + HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2466.jpg
とりあえずこのレンズを持っていけば大丈夫となるのでしょうか。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2425.jpg
ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。