YUTA録

チョット美容師のハサミについて語らせて欲しい

Scroll down to content
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2583.jpg
今回の写真は瀬戸大橋特集です。王子が岳から撮りました。300mm

一応このブログ主は美容師です。今まであまり美容師についてあまり語っていませんが、ワタクシは非力な美容師です。で、美容室といえばパーマ屋さんというのが昔からの定義でしたが、今はパーマ離れが結構あり、むしろカラーの方が圧倒的に多いです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_257e.jpg
フルサイズ換算 84.5mm

でもどんなに時代が変わろうとも、美容師室からカットは無くならないでしょう。カットといえば、やはりハサミです。ハサミといえば…切れれば良いと感じますが、そこはホレ…ナニカと質感にこだわる人種が美容師であります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2580.jpg
28mm

ワタクシも美容師歴26年程ですので、イロイロなハサミを振り回してきました。値段も3万円程の安モノから20万円程の名前の通ったモノまでつかいました。安モノと高級モノの違いは、切れ味、切れ味の持続性、重さや形状のバランス、見た目のカッコよさなどです。基本切れ味はカミソリ並みに切れないと意味がないですし、切れ味が数人切っただけで鈍るようではダメです。使っているハサミが手に比べて大きすぎたり重かったりすると、腱鞘炎の原因になります。良いハサミは重さのバランスが良くて、ずっとカットしていても手首が疲れません。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_257f.jpg
84.5mm

見た目は思っているよりは重要で、ハサミを持つたびにワクワクする程の高級感、質感、ハサミ本来の機能美に沿った美しさは必要であります。美しい道具を使うことで道具に愛着を持ち、その道具を使ってお客さんの髪を切るコトは、そのお客さんを大事に扱い接することに繋がります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2581.jpg
300mm

しかし何事も斜め上に行く場合があるのが、美容師とその業界の特徴です。例えば、何故か道具であるハサミにストーンをあしらったり、無駄な彫刻を入れたりします。その需要ってあるのですか?ってハサミメーカーやディーラーに尋ねたりするのですが、意外にあるとのこと…。まぁワタクシはどちらかといえば職人タイプの美容師ですので、機能美に関係のない無駄な装飾はいらないのですが…。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2582.jpg
300mm

美容師、理容師のハサミって奥が深いのです。この前テレビで見たのが、100歳越え!!の婆さんの理容師が、子供の頃から客で来ている80歳の爺さんの髪をカットしていた。全くスゲェとか言い様がない…。またそのハサミの切れること切れること…。手元もシャンとしてて危なげがないし。ワタクシもまだまだ小童ですわ…と感じた次第です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2584.jpg
300mm やっぱり望遠の単焦点はいいですね。

今回の機材 PENTAX K-70 + smc PENTAX-DA55mmF1.4 SDM /  smc PENTAX-DA200mmF2.8ED[IF] SDM / RICOH GR2

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_255c.jpg
左:DA★200mm 右:DA★55mm スターレンズでありながら、今ならお求めやすい値段になってます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_251c.jpg
ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。