YUTA録

ペンタックスK-1 Mk2 のイメージコントロール『雅』でお花をレタッチしてみました。

Scroll down to content

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27b5.jpg

ペンタックスK-1 Mk2 のRAW をLightroomで展開すると、イメージコントロールの『雅』でレタッチできます。これがまた…色々といじれて楽しいったらありゃしないんです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27b3.jpg

若干コントラストを低めにして、キーを高くしてレタッチするとお花の可憐な美しさがアップします。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27b4.jpg

いつもは風景か鮮やかでレタッチして、コントラストを高めにして、キーも低くしてクッキリと花が浮かび上がって艶やかさを出すのが好きなのですが、今回みたいな可憐な美しさもいいですね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27b6.jpg

背景のボカし具合もコントロールして、映し出すとより可憐さが増します。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27b8.jpg

ただ赤いバラなどは、艶やか系がいいかなと思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27bb.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_27ba.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_27b9.jpg

赤以外のバラはとても今回のリタッチと相性がいいみたいで、マクロレンズでもっと接写したくなります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27bc.jpg

前ボケなどを入れると時代劇の番組の1シーンみたいです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27bd.jpg

全体がフンワリしますので、安心して絞り開放で撮れます。この可憐さは守ってあげたくなりますね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27be.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27bf.jpg

同じ『雅』でも露出を暗くすれば、侘び寂び感も出せます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27c2.jpg
コントラスト低めの写真と比べてみてくだい。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27c0.jpg

また『雅』でコントラストを高めにしたら、独特な艶やかな仕上がりもできます。お花を撮るには『雅』もいいもんです。もっと他のK-1 Mk2 のプロファイルをLightroomに公開してもらいたいですね。なぜ出し惜しみをするのか…。

今回の機材 PENTAX K-1 Mk2 + HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8ED SDM WR / WB 曇天 / イメージコントロール 『雅』

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_27c1.jpg
ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。