YUTA録

断酒が進むと自己をわきまえられる

Scroll down to content
EFA30F2B-807A-459A-9F80-994A4BBCF5AE.jpeg
今回も記事と写真の関連はないコロリン。

酒を呑み、幼なじみと将来や社会について喧々諤々と議論を交わし、大言壮語を吐く…呑んでいる時はサイコーに気持ちいい時ですね。

FAEB7233-B801-41C9-B480-C350BBA25D7F.jpeg

で、朝にひどい二日酔いで昨夜の酒を後悔し、大言壮語の大の字もできな程シンドイ身体で仕事をする…こんなことを月に何度もしていたのでは、本当に自分が納得した人生を送れないんじゃないでしょうか。

DCB1A71F-9F95-42DA-BD9F-0D9607589153.jpeg

しかし、アルコールでふやけた脳では、大言壮語の気分が支配しているので根拠のない自信だけがあり、時にその自信が身の破滅を導きます。

B9FD5617-0B0E-4BCE-8779-42689DD98CF2.jpeg

ワタクシもそうでしたし、幼なじみの一人も今現在そのような状態に陥っています。

B34258C7-5C2A-4DFC-85CF-1451DFB5BFC1.jpeg

ではナゼ酒を呑み続けているとそのような破滅に向かっていくのか…一言でいえば、身の丈を間違えてしまう…ということでしょうか。つまり、自己の能力や才能、環境や立場、資金力や人材などの分析をせずに、酒を飲んでいるが如くの気分で、物事の決定や行動をしてしまっている…ということでしょう。

A29FE886-BFA2-4795-A81C-8462D73C057D.jpeg

夢を見て、それに向かって行動するのは結構なことですが、それに伴うリスクや自己の能力も鑑みず、ただノリでやってしまう…もしくは感情でやってしまう。最悪ですね。

5E64E443-221B-40B7-91EB-65DE73414814.jpeg

酒を一年以上飲んでいないからこそ見えてきた事です。断酒を続けていると自己の能力や立場を冷静に考えられます。そして、ワタクシみたいに50歳を目前にしたオッサンは、論語に『50歳にして、天命を知る』とあるように天命を知ってしまいます。

241CA714-F64F-484D-8D8C-B737966C14CE_1_105_c.jpeg
SONY DSC-RX100

その天命とは…今まで自分が歩んでいた人生を分析して、出来る事と出来ない事をきちんと分別して、行動できるという事です。

2487555B-0E76-44D0-B77A-00AE41725443_1_105_c.jpeg
SONY DSC-RX100

今現在の自分ができる範囲が分かり、それを一生懸命に楽しむ事…それが断酒を続けていて良かったと思える事です。

今回の機材 PENTAX K-1 Mk2 + HD PENTAX-D FA* 50mm F1.4 SDM AW

4560C867-6174-4B54-857B-114985C240A2_1_105_c.jpeg
SONY DSC-RX100 ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。