YUTA録

日本人には馴染みの薄いコカインがよくわかるドラマ「ナルコス」

Scroll down to content

www.netflix.com/title/80025172

日本の芸能人などが薬物で逮捕されるのは、覚醒剤系か大麻が殆どですが、アメリカやヨーロッパはコカインが多いみたいで、ドラッグの王様という異名を持っています。

ちなみにドラッグの女王はヘロインです。

舞台はコロンビアで、麻薬王パブロ(とその仲間たち)とDEA(アメリカの麻薬捜査局)との死闘を描いています。実際は、麻薬カルテル、コロンビアの軍、警察、DEAという暴力装置が入り乱れて、恐喝、殺人、虐殺、拷問などを駆使して、物語は進んでいきます。それぞれの組織には、当然個々人がおり、正義、利益、愛憎、環境が作用して、複雑な人間模様も見れます。

あまりスカッとするドラマではありませんが、見終えた後は、何となくドラッグで儲けて、尚且つ生き残るのって大変なんだな…と理解できると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。