「重大な副作用」が追加されたロキソニンは安全か?〜医師による解説(中山祐次郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

3月22日、解熱鎮痛薬ロキソニンの使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表した。ロキソニンは危険なのか、医師の立場から解説する。
— 読み進める news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20160328-00055900/

ワタクシは偏頭痛持ちですので、ロキソニンには頼りっぱなしです。

今のところワタクシには、副作用の症状は出ていませんので、これからもお世話になるつもりです。

記事では、なぜロキソニンは痛みに効くのかを解り易く書いていますので、ロキソニンが大好きなワタクシみたいな方は、目を通していた方がいいと思います。

何でもリスクは付き物ですが、ワタクシにとってロキソニンはリスクの少ない薬です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。