YUTA録

DFA☆85mmF1.4で撮ってきました①

Scroll down to content
CA13108F-0616-47F4-811A-C0C79344F669_1_105_c.jpeg
今回の写真の全ては、カスタムイメージの鮮やかで撮りました。またレタッチは一切していません。

先日手に入れたPENTAX DFA85mmF1.4を、兵庫県民が愛してやまない「好古園」で撮ってきました。ボディーはもちろん、K-1 Mk2です。

まず最初に一言…開放が楽しいレンズです。

33F5093C-7FDB-461C-AF67-7B2E74B0730F_1_105_c.jpeg
開放です。前ボケも好きです…。
0DC908F4-B3F0-4B72-A938-1526C54EAE7B_1_105_c.jpeg
ホントは絞るところをあえて開放で…。白の重なりもディテール潰れることもなく美しい。

生憎、撮影日は天気が良くて、あまり積極的に開放で撮れませんでしたが、AFの機能が素晴らし過ぎて、開放で撮ってもピントが流れて「あ〜もう!!」とはなりません。ホントピント部分は、解像度が素晴らしく、ボケはなだらかにボケて行きますので、ワタクシ如き虚弱症の美容師でも楽しく撮影できます。

DC3D8012-C8CC-4143-B2BA-7030592DDE89_1_105_c.jpeg
1/4秒。F14です。ワタクシでも三脚無しでいけました。

また、重いレンズ(ボディーと合わせて約2.4キロ)にも関わらずホールドしやすいので、K-1 Mk2の素晴らしい手ぶれ補正と相待って、低速シャッターも切りやすいのは、女子並みな筋力しか持ち合わせていないペンタキシアンのワタクシでも実証できました。

A430B666-874C-4E43-AA05-0B461F4D1D9C_1_105_c.jpeg

しかも見た目はサイコーにカッコイイですね。見た目よりも中身だろ…カス!!という声が聞こえてきそうですが、イエイエ…見た目も大事ですよ。だって、いくら持った時のバランスがいいと言っても、防湿庫から出すときに「重…デカ…」となれば、中々使う頻度が下がってくるかも知れません。それが、見た目のプロポーションが良ければ、「ヨシヨシ…今日もお前(DFA☆85mmF1.4)とデート(撮影)に行くか」となります。

CB6D7843-A232-4D21-9F78-4B0F05425FC5_1_105_c.jpeg

また途中で結婚式の前撮りの方々と出会したので、ワタクシもちょっと撮らせてもらいました。その時に写真を撮っていたのは、結婚式場のスタッフだと思います(つまりプロのカメラマンでは無い)が、彼らの持っているレンズよりもイイモノ感を醸し出していたので、ちょっと鼻が高かったですね…って、ニンゲンが小さくてスマン…。。

72B47DCB-50AE-482D-9985-BD667CC1CA00_1_105_c.jpeg
こちらの4枚はどれもPモードで撮り、別の意味でK-1 Mk2との相性を見てみました。F5
4A38E537-AB60-4DC8-8C91-6830D53B986B_1_105_c.jpeg
F5.6
C939D933-60B6-44DB-8FBA-DC5A11CD0725_1_105_c.jpeg
F5.6 木の質感がすごくイイです。このままでも良いですが、ちょっとレタッチして木の質感を強調したいです。
67DC1273-B9E3-46EB-9702-5EFC0E66B346_1_105_c.jpeg
F5。ボケの感じや露出などは、Pモードで撮っても、ワタクシ好みに写し出してくれるようですね。十分、Pモード+グリーンボタンで撮影が捗ります。

実際、ワタクシ如きが持つには「分不相応」だとも思いました。しかしだからこそ、腕がなくても、それなりにハッとする画も撮れるのだとも思います。大事なのは、撮っている時に楽しいかどうかであり、帰ってマックで写真を見て自己嫌悪に陥ることもありますが、少なくともDFA☆85mmF1.4は、ファインダーから見る画は素晴らしく、K-1 Mk2の能力を遺憾なく発揮できているレンズだと思います。

AFA20D1C-7F9A-4CAD-BC19-E6B85BF3C599_1_105_c.jpeg
F8。もうちょっと絞ると、婦人画報に使っているよなパキパキな画になりますが、背景のクリアさと、柱の絶妙なボケ感がワタクシは好きです。

あとAFのスピード感ですが、今までのレンズからすれば爆速ほどでは無いが、ストレスなく、スッとスマートに静かに合います。ただワタクシ的には、DFA☆50mmF1.4とあまり変わらないような気がします。まだしっかりと比べてみた訳では無いので、今後はその辺も踏まえて使ってみようと思います。

2E552341-08DD-4689-B386-5A2457169382_1_105_c.jpeg
F2.8。実際はこれぐらいの絞りの方が、花を撮りやすいですね。

あとAFの正確さは、PENTAXになれている方なら問題ないでしょう。つまり、PENTAXが苦手なピントはなんとなく分かっているので、自分なりにそのような物を撮る時は工夫していますから、その工夫で問題なくAFはピタッと合います。それにQSFも効きますので、ペンタ愛がある方なら問題なしでしょう。

3630654E-3C1C-4F9F-876D-52F1BDFB696F_1_105_c.jpeg
でも、やっぱり開放は良いですね。
30FF407A-73E9-4380-8A85-474AEB65A0C9_1_105_c.jpeg
開放でもここまでピントとボケのバランスが素晴らしいと、トリミングをしても全然良さそうですね。

しばらくは、このレンズでちょっと色々と撮って行く予定です。だって…高かったもん…。。

今回の機材 PENTAX K-1 Mk2 + HD PENTAX-D FA85mmF1.4ED SDM AW

2 Replies to “DFA☆85mmF1.4で撮ってきました①”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。