YUTA録

実際酒は害悪だけなのか…?

Scroll down to content
217D8177-CC95-441E-8FCA-6D1F1199DB87_1_105_c.jpeg
今回の写真は全てモノクロにしました。

今までこのブログは時に触れて、酒はやめた方がいいですよ〜と書いていましたが、それは幾分かは、ワタクシ自身に対して断酒が続くように言い聞かせるために、書いていた気持ちもあると思います。

それでは実際は酒ですべての人が不幸になるかと言えば、当然そのような事は無く、酒を毎日飲んでいても、仕事で出世し、家族や友人などの人間関係も良好に過ごしている人もワンサカいると思います。

2BFDEC34-D8C4-43F3-8F60-589D24392F4E_1_105_c.jpeg
もちろんワタクシのことですので、色々とレタッチしております。

ただその様な神の如くなニンゲンには、ワタクシはなれませんでした。あのまま飲酒を続けていれば、今頃は奈落の底に落ちて、世界中のみんなにペンタキシアンの変態さじゃない素晴らしさをブログで書くこともできず、リコー・ペンタックスやマップカメラにお布施を支払う事ができずに、どこかでバチが当たっていたコトでしょう。

ワタクシが思うに酒って、飲んでも呑まれるな…ができて、自分のアルコール摂取の適正量を分かっていて、尚且つそれ以上を飲まず、毎日飲酒はせずに、睡眠時間は7時間以上は取れて、少なくとも起床時間の12時間前には、飲酒をやめておけれる自己抑制と自己判断力、生活環境でないと、結局は健康、日中のパフォーマンスなどを犠牲にするモノでしょう。

908C769B-37D9-4BC7-A4B5-F38BE4357B92_1_105_c.jpeg
それにしても、水滴のついた花びらや葉っぱは、モノクロと相性がいいですね。

そんな事ができる神みたいなニンゲンは存在しないのではないか…じゃあ酒自体は、まんまドラッグで害悪そのままじゃないか…となりますが、以上のことを踏まえて、家族や他人様に迷惑をかけないことを前提にして、短期的健康のリスクや、明くる日のパフォーマンス低下を担保として酒を飲んだ場合に、それ以上に得られる何かがあれば飲めばいいと思います。

例えば、懐かしい友人との食事、中々勇気を出して口説けない異性との食事、人生の中でとても大きな割合をさく出来事の後など…人生の中で酒というモノが役立つ一瞬だと思えば飲めばいいと思います。

C51AC568-C3DC-467B-AF4F-E0B319286A20_1_105_c.jpeg
色が見えない分、質感をどの様に出すか…それが腕の見せ所です。

ワタクシに関して言えば、ムスメが嫁に行く時に一人で手酌酒…となるでしょうか。つまり、酒を飲むことで感情の振り幅を大きくして、友情を深める…家族の愛を感じる…勇気を出す…ということもあると思いますが、今のワタクシはこうも考えます。

酒を飲むとその時の感情の振り幅は大きくなるが、逆にその宴が終わった後は、悲しみや喪失感、無力感が大きくなり、そして宴の時の楽しかった一瞬の記憶もおぼろげで、結局酒を飲んでも何一つ成し得ていなかったことに気が付いて、酒を飲んだことを激しく後悔するだろう…と。

CC5FE11F-DC99-46EA-9699-B59B8C088509_1_105_c.jpeg
花なのに、メタルチックに仕上げたり…と、中々楽しいです。

まぁこれからもワタクシは断酒を続けて行きますが、決して酒は害悪だけであるとは思っていませんので、飲みたい人は飲んでくださいのスタンスで行きます。

今回の機材 OLYMPUS EM5 Mk2 + OLYMPUS M.12-45mm F4.0

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。