YUTA録

焦点工房のマウントアダプターと、X-Pro3の外付けグリップが素晴らしいので、みんなに報告する件

Scroll down to content

AC403658-EC3C-488C-BD41-D53657139F78_1_105_c.jpeg
右:Ai Nikkor135mmF2.8 + 焦点工房マウントアダプター 

Nikon Dfを手に入れる時に、FUJIFILM X-Pro3のレンズを3本ほどドナドナしたのですが、この度、前回のブログである様に、7Artisans 7.5mm F2.8 Fish-eye II もドナドナすることになり、いよいよX-Pro3のレンズがなくなりました。

特に、広角、標準レンズが皆無になりましたので、新たに標準あたりのレンズを買おうと思い、フジXマウントのレンズを漁っていたところ…欲しいものがない…というか…ワタクシがX-Pro3で今一番楽しいのは、マニュアルフォーカスで撮ることに気が付きました。

既にPENTAXで絞り輪が付いたレンズを、K&FConceptのマウントアダプターを介して付けて撮っています。そこでNikonのレンズでもオールドレンズは絞り輪が付いていますので、Nikon用のマウントアダプターを新たに購入することにしました。

しかし…どうもK&FConceptのマウントアダプターは、デザインが今一つ気に入らない。ええ…機能は十分ですよ。ちゃんと撮れますし、問題はある一点以外ないです。

C3CACAC1-81FD-4BCE-BB08-A9773F4A51BB_1_105_c.jpeg
(K&FConcept)マウント側についている赤いボタンが中心ですが、FA31mmが中心からズレているのが判ります。

BDA23B6E-295E-4571-A333-513D95A4087A_1_105_c.jpeg
(K&FConcept)マウント側から見ると、中心が左にズレています。

それは…PENTAX FA31mmF1.8LimitedレンズをK&FConceptのマウントアダプターを介してX-Pro3に付けると、レンズの正中線がマウント側から見て左にズレるのです。撮れる画には影響はないみたいですが、やはり気持ち悪い…という訳で、Nikonレンズ用のマウントアダプターは、焦点工房のタイプにしました。

AD24A9FA-67FE-48C1-9D86-2DDAFF54877B_1_105_c.jpeg
X-Pro3 + 焦点工房マウントアダプター + Ai Nikkor135mmF2.8の一体感のある佇まいが素晴らしい。

値段も両方とも4200円ぐらいであまり変わりません。それにデザイン自体が、Nikonのオールドレンズとのマッチを考えて作ったんじゃね?というぐらいNikonのオールドレンズを付けると自然にデザインが一体化します。

11EBBB0E-FC39-4327-9F8C-58C1993D2C7E_1_105_c.jpeg
(焦点工房)マウント側の赤いボタンの延長上にFA31mmの中心が来ています。
52BA5E6C-494D-4396-8F49-85579DE92956_1_105_c.jpeg
(焦点工房)正面から見たもカメラの中心にFA31mmの中心が来ています。

もちろん、FA31mmF1.8Limitedを付けても、正中線は中央に来ますので大満足です。また機能も十分ですし、見栄えが良くなった分、X-Pro3の持ち出し率も上がりました。

もう少し我儘を言えば、マウント上部にSHOTENのブランド名が入っていなければ、100点だったのに…というか、焦点工房ゴメン。。

そうなってくると、PENTAXレンズ用のマウントアダプターも焦点工房に変えたくなるのが人情です。早速マップカメラで注文しました。で、その時K&FConceptのマウンドアダプターを下取りに出したのですが、驚きの下取り価格でした。なんと…200円………。4200円ぐらいの購入金額だったので、500ぐらいかなぁと思っていましたが…。。

まぁ他にも下取りに出すものがあったので、それとついでに出しておきました。

0EA41F52-4E4C-478D-9E49-27AD7BB43D6C_1_105_c.jpeg
X-Pro3 + MHG-XPRO3(グリップ) + 焦点工房マウントアダプター +  PENTAX M-200mmF4 こちらも一体感が素晴らしい。

他にもX-Pro3にPENTAXやNikonのレンズを付けると困ったことがあります。それは、マウントアダプター + レンズが割と重くなる…ということです。

またそれに伴って、X-Pro3自体は軽いのですが、取り付けるオールドレンズは、金属とガラスの塊なので、どうしてもフロントヘビーになり、カメラを持って撮影する時の重さのバランスが悪くなります。

9D6BB531-5E65-4927-BFE4-86996F7B6658_1_105_c.jpeg
焦点工房のマウントアダプターは、PENTAXのオールドレンズとも相性はバッチリですね。

それを一気に解決するのが…みんなも知っている様に…グリップをつけることですよね。FUJIFILMの純正タイプが良いのですが値段が高い…他社のはしっくりこない…という訳で、純正の中古を手に入れました。

まぁワタクシのX-Pro3も、ほぼ一年近く使っていますので、ちょっと見た目にもクタビレが来ているので、中古のグリップでも良いか…と思ったのですが、さすがはマップカメラ…中古なのに、マウントアダプターの下取り価格の恨みは忘れるぐらいピカピカでした。

91D65142-E139-4E82-ABBE-50AE14488F6E_1_105_c.jpeg
こんなにレンズが長くても、めちゃくちゃ持ちやすくなっています。

実際にグリップを付けて、PENTAX M-200mmF4の割と大柄なオールドレンズを付けみても、グリップを握った時に軋み音もしませんし、非常に操作しやすくなりました。ワタクシはX-Pro3に大型のズームレンズなどは付ける気はないですが、もしその様なレンズを付ける場合は、グリップを付けても良いと思います。

付けたデザインもさすがは純正だけあって、一体感も良く、何よりもオールドレンズとも見た目の相性がいい。ついついオールドレンズの付いたX-pro3を防湿庫から出して、X-Pro3をモデルに写真を撮ってしまいます。

ワタクシにとってカメラは趣味のものであり、やはり見た目も重要な要素だとツクヅク感じた次第です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。