FUJIFILM X-Pro3 + XF90mmF2 で撮る梅

Scroll down to content
3DC6DB17-2150-440B-AF5F-0F5C602787F0_1_105_c.jpeg
結構絞っても、かなりのボケ量ですね。F4.5

久しぶりに防湿庫から、X F90mmF 2(XF90)を取り出しました。とっても気に入っているレンズなのに、なぜ最近使っていなかったのでしょうか。

18FC4CCB-C202-4A8A-9C0A-4B962624BCF2_1_105_c.jpeg
これぐらいの絞りが良いかなぁ。F3.6

それは…ただ忘れていたからです。。

こんないいレンズを忘れていたとは…しかも35mm換算で135mm相当のレンズです。ワタクシの一番好きな焦点距離です。ホントもったいないことをしていたと思います。

A5DC26CC-21CB-4E34-A132-AF0F119A8CBC_1_105_c.jpeg
F4.5 今回は全てフィルムシミュレーションのETERNAで撮っています。

梅を撮るならX F60mmF2.4Macroの方が適しているかも知れませんが、ボケの柔らかさと、長い焦点距離のお陰で、枝の上の方に咲いている梅でも撮れる便利さで、XF90をチョイスした次第です。

FD9B8CFE-27E8-4FCC-B29E-69D42933C663_1_105_c.jpeg
F4.5

重さもPENTAX DFA☆85mmF1.4(DFA85)に比べると、中身の入ったペットボトルと、空になったペットボトルぐらいに差があります。え?よくわからないって?つまり、90mmという焦点距離と写りの素晴らしさからすれば、めちゃくちゃ軽いって事だよ!!

454359E5-63C7-4102-9671-8A29D35B68F0_1_105_c.jpeg
でも、結局開放で撮るのが楽しいんだよなぁ。。

ちょっと興奮したみたいで…サーセン。まぁフルサイズとAPS-Cのレンズを比べても仕方ないですし、そもそも開放F値も違います。

A5C17D0A-4872-4FFB-80F7-F7FE7AA61120_1_105_c.jpeg
F2

確かにDFA85は開放から素晴らしいキレのある写りを叩き出してくれます。XF90も開放の写りも引けを取らないぐらい素晴らしいのですが、果たしてどちらのレンズでも、開放を使って撮ることはどれぐらいあるのでしょうか。

BDBF8E3A-DBEC-4A62-9DA5-ACFFC55149FC_1_105_c.jpeg
F2

特に今回みたいな梅を撮るときに開放で「ウヒャウヒャ」いいなが撮っていると、ワタクシ程度の腕前ならピントを外しまくって、帰ってから悲しみで燃え尽きてしまうことでしょう。

516AD1C6-C6AD-4684-8FFB-A17CF95615DA_1_105_c.jpeg
なぜか椿ですが、一段絞ってF2.8でもこのボケ感は素晴らしい。

そうなって来ると、やはり1段、もしくは2段程度絞って撮ることになります。特にXF90は1段絞った程度では、圧倒的なボケにビックリしてします。

F449958B-4E81-44FE-927F-E6AD4A685DB7_1_105_c.jpeg
F2

むしろ2段ほど絞った方が、背景の雰囲気も楽しめれるのでいいと思います。

でもね…とか言いながらも、開放のキレの良さや、圧倒的なボケ感も素晴らしすぎて、結局開放でたくさん撮ってしまうワタクシは、相変わらず、絞り開放同盟の隊長です。ホント開放で撮るのは楽しい〜。

今回の機材 FUJIFILM X-Pro3 + XF90mmF2 R LM WR

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。