K-1 Mk2 + smcFA77mmF1.8Limitedを楽しみ尽くすには、マニュアルフォーカスで撮るべきだ

Scroll down to content
8A8E3C33-8A1B-40F8-9ACE-D834F49C5C0B.jpeg
F1.8 このピント面の浮き出る感じは、大口径レンズの開放で撮ってこそですね。

ええ…PENTAXのAFがアレなので…とか、smcFA77mmF1.8Limited(FA77)のAF時の音がギャギャギャと煩いから…と、MFで撮ることを決してオススメている訳ではありません。

そう…純粋にリミテッド三姉妹レンズは、MFで撮った方が面白いからです。

4C4E7769-5E86-4570-8058-86FC0B4F9D81.jpeg
慣れれば、MFでも野良猫は撮れます。っていうか…軽トラの上に居るし。。

じゃあなぜ文明の力であるAFが付いているのに、わざわざMFで撮った方が楽しいのかといえば、やっぱりレンズ自体の筐体がアルミ削り出しの高品位の工業製品でできているので、その素晴らしい質感とビルドクオリティーを直に感じて撮った方が、写真の出来上がりはともかく、とても満足する撮影スタイルになるからです。

61B97746-7488-4608-8BF5-AB88A4C5E758.jpeg
F1.8 色調整はしていませんが、かなり色のコントラストが出ますね。開放で撮ったからでしょうか。こういった予測不能な写りもFA77ならではですね。

また、FA77は自分でヘリコイドを回してピントを合わせる作業がとてもスムーズに行えれます。

AEABBC5A-46AD-4757-94FB-78C8D0FC4667.jpeg
同じ開放でも、上と色の出方が違います。ホント使っていて楽しいレンズです。

とても滑らかに回るヘリコイドは、ただ回しているだけで高い操作性を感じ、ファインダーを覗き込みながら回していると、ジワ〜とピントがあって行く様はとても官能的です。

E167F461-654E-4E8D-8C84-452BAC7A8CA1.jpeg
F1.8 ボケの出方がどことなく日本画に近いような気がします。

この様な官能的な作業を機械に自動的にさせるのは、非常に勿体無いですね。それに元々FAリミテッド三姉妹は、AFが付いていないフィルムカメラでも使えるように設計されているので、ヘリコイドの操作性の良さは織り込み済みでしょう。

282BB895-00AC-4D2F-A52A-0AB459A1B5C0.jpeg
F4 こちらもコッテリとした色が出ましたが、絞った分だけコントラストが強めに出ていますね。

それにMFで撮っていると、積極的に開放で使いたくなります。FA77をAFを使って開放で撮ると、時に思いもよらないボケが出て戸惑うこともありますが、MFで撮ることによって、ボケ感もコントロールしやすい…いや、認識してシャッターを押せるので、暴れたボケも楽しめられる様になります。

DE2D7A77-CEAE-4F11-95B9-F9F0E947158D.jpeg
F4 中々ピントの合唱マークが出なかったのですが、自分の目を信じて撮りました。

例えば開放で撮っていて、いくらヘリコイドを回しても合焦マークが出ない時があります。その様な時は、自分の目を信じて、ピント部分の浮き上がりと、その周りのボケ感を見ながらシャッターを押すと、思っていた以上に気持ちいい写りを吐き出してくれる事があります。

F080A28F-051A-4211-A221-4AFB831B626C.jpeg
F5.6 遠景のボケ具合も、そこに至るまでのボケの繋がりも自然です。

当然、EVFではなくOVFは、仕上がりのボケまではファインダー内で確認はできません。それでも予測を立ててシャッターを押すことの楽しさは、AFで撮るよりも何倍も楽しいことです。

8DFF3817-57A8-42EF-B6A4-CDDAC4216762.jpeg
F5.6 こちらもボケの出方が日本画みたいでお気に入りです。

またMFで撮っていると、絞り値の違いについてかなり敏感に感じてくる様になります。それは、MFでピント部分を合焦させている時に、ピント部分以外の周りの部分まで意識が回りやすくなり、自然とボケの度合いまでコントロールしようと思ってくるみたいです。

6F827F60-16F0-4CFE-965A-F077FFB71E17.jpeg
F5.6 FA77は画角的にポートレイトに向いていますが、風景にも合うと思います。

特にFA77は、開放でも絞っても官能的な写りをしてくれるので、一つの被写体に絞りを変えて数回撮るようなことをしてしまいます。それはとても楽しい行為であり、FA77のヒンヤリとした筐体を指先で何度も楽しめます。

179335EA-1FFE-4DEB-A97C-C359A942D6D2.jpeg
F4 これぐらいの発色とコントラストが、ワタクシは好きですね。

という訳で、FA77だけがMFで楽しいのではなく、リミテッド三姉妹全部に言えることであります。

A8E4E3DF-1CE2-4A43-B63A-F9F68D9EC637.jpeg
最後に開放です。あまりに色が暴れていたので、コントラストを落としてレタッチしました。でも、FA77ならではのじゃじゃ馬の写りで好きです。

PENTAXは歴史あるマウントなので、数多くのオールドレンズがあります。積極的にそれらを手に入れてMFで撮るのも楽しいことですが、それ以上にリミテッド三姉妹をMFで撮る方がオススメだと、ワタクシは声を大にして言いたいです。

今回の機材 PENTAX K-1 Mk2 + smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。