PENTAX K-1 Mk2 + smc FA77mmF1.8LimitedをMFで満喫する件

Scroll down to content
C1F608ED-D8C7-4DA1-899E-11252E904B1C.jpeg
F5.6 この緻密な描写なら、smc版でも十分です。

とうとうsmc FA77mmF1.8LimitedFA77)HD版が出て、世界中のペンタキシアンが歓喜の喜びの宴を開いている時に、ワタクシは地味にsmc版のFA77を楽しんでいます。

1E401DA8-B9EB-4D72-93D3-5CF1F0CACC8A.jpeg
F5.6 OVFで撮る藤の花の美しいことよ…。。

ええ…型落ちになりましたので、それを祝ってAFが利くのにMFで撮っていきました。でもね…それがメチャクチャ楽しいのですわ。。

23244B55-3F73-4D16-BD02-29F185839567.jpeg
F5.6 藤の花を撮るならちょっと絞らなくてはいけませんが、絞っても色気のある描写をするのがFA77の尊いところです。

もちろんAFで撮った方が早くて正確なピントを得られるのでしょうが、あえてMFで撮ると、丁寧な構図構成を心掛けるようになるので、それなりにメリットはあります。

836704B3-17B0-4384-BF43-707ACBFFB211.jpeg
F2.8でも、このボケの美しさ…。

しかしそんな事よりも、FA77の軽くても思ったところにピタッと止まるヘリコイドのビルドクオリティーがサイコーなんですわ。

21791EA1-03F2-4563-9A13-3326163C072D.jpeg
F11 ゴーストが出ても良いんです。だってFA77なんだから。。

FA77にはQSF(AF時でもヘリコイドを操作できる)機構は持っていませんので、もしかしたらFA77を持っていても、一生MFで撮る事なく人生を終了してしまうペンタキシアンが、数多くいるかも知れません。

これは由々しき自体ですね。

4DA9394C-BC7B-4BA2-8339-CF2FE054E996.jpeg
F4.5 シャドーの粘りは当たり前として、ハイライトの部分もギリギリに保っていますね。

これ程楽しい撮影経験が出来るのに…ほんのちょっとボディー側のAF・MF切り替えスイッチを操作するだけなのに…ホントもったいない事です。

0C7C1C7D-072A-4333-B26C-62A8A4206036.jpeg
F1.8 ちょっとオールドレンズ風にレタッチしました。

写りに関しては、smc版でも十分な写りですし、むしろワタクシはオールドレンズ的な緩い描写が最近の好みなので、わざわざHD版に高いマネーを出して買い換える気はないです。

C31BA2E7-F49F-404D-BF67-09BFD37EE362.jpeg
F1.8 撮影最短距離は70cmですが、ワタクシ的には十分に寄れると思います。

ええ、決して痩せ我慢でも、悔しいからでもなく、むしろペンタキシアンとしての洗礼を受けた時からずっと使い続けているFA77を含むFA三姉妹との付き合いは、新型のコーティングが出たからそちらに乗り換えよう…などと安っぽくはないですね。

まぁむしろ型落ちになったことで、より深い愛情をFA77に注げるようになった気持ちですわ。

9A4B969B-4DA5-40F5-B315-539619FFE93B.jpeg
F1.8 この前後のボケを撮りたいために、キミもカメラをはじめたんだよね?じゃあ開放で撮りな。

FA77の写りについては、世界中のペンタキシアンが、あ〜だこ〜だと言っているので、今更中森明菜好きの昭和生まれのおじさんがとやかく言う意味はないのですが、一言だけ述べるとしたら…遠慮せずに開放から撮れ…と言う事ですね。

03538994-D245-4310-BD6F-DE1B9A9B7372.jpeg
開放のボケ感をめいいっぱい楽しむなら、日の丸構図でもOK牧場だ。

ええ、ワタクシも一時は「FA77は、開放で撮ると暴力的なボケのため、ちょっと扱いは難しいので、少し絞るのがコツだね」と、訳知り顔でほざいていましたが、良いレンズ、味のある描写をするレンズは、開放からドンドン撮るべきだと、最近になって開眼した次第です。

3772FB25-4834-499C-A3B2-1321A62B85C4.jpeg
F1.8 この様にワラワラといっぱい同じものがあると、開放で撮る意味がありますね。

それに画角の77mmというのが、どの様なF値でもボケを美しく見せる数値かも知れませんね。とにかくため息の出る程の色気のあるボケを堪能したいのなら、FA77一本だけ持っておけば、キミは幸せになれると断言できます。

28832896-C241-4D2B-8EF9-6B90529A7680.jpeg
F1.8 MF撮る開放は、スポーツ感覚で楽しいですよ。ちょっと動けばピントが流れる…。。

確かに最新のスターレンズであるDFA☆85mmF1.4(DFA85)は、開放からシャープなピント面と、滑らかで自然な美しいボケを堪能できます。しかし、その高性能と引き換えに、巨大すぎるグラマラスなボディーが、気軽にフォトウォークに持ち出すことを躊躇させます。

3A328B9E-DD83-47DD-B2DD-76A4C39206F7.jpeg
F4 白い花のコントラストも抜け目なく描写しているのは流石です。

それに巨大なレンズは、ワタクシみたいな非力な美容師では、手持ちでMFで撮るのは難しいです。まぁDFA85は優秀なAFが効きますのでMFで撮ることなどほとんど無いのですが、その分、レンズや機材に撮らされている感がします。

737AFC7F-88E6-4B5B-9419-B803FD78D707.jpeg
最後も開放で…。今回はMFの開放で撮りまくったので、達成感がありました。

その点、FA77はMFで撮ろうが、ちょっとあやふやな時があるAFで撮ろうが、ワタクシが操作している感を味わえることに加え、とても色気のある写りをしてくれます。そんな使い心地がサイコーなsmc版のFA77を今後も大事に使っていこうと思います。

今回の機材 PENTAX K-1 Mk2 + smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。