紫陽花を撮るなら、DFA 100mmF2.8MACROが最強だと分かった件

Scroll down to content
3F2AC8CF-D08F-4A89-878D-3B5B229C4C9A.jpeg
紫陽花の質感まで手に取るように写っています。

紫陽花は雨が似合う…そんな事は世界中のペンタキシアンからすれば当たり前の事でしょう。また、雨にも負けない防塵防滴のカメラはペンタキシアンの自慢であり、そして防滴のDFA100mmF2.8MACRO(100mmMACRO)との組み合わせが、最強な雨の日セットなのはワタクシ如きのペンタキシアンの末席モノが今更言わなくても当たり前の事ですよね…サーセン。。

977D4230-5935-4A46-9529-4599DE225E6F.jpeg
マクロでもF5.6に絞りました。もう開放で撮るのは卒業しました…あしからず。。

と、のっけからペンタキシアンと三度叫んでみましたが、マックの変換では、『ペンタ騎士あん』と毎度変換されてしまうので、それをその都度治してプログを書いていますが、みんなも梅雨を楽しんでいるかい?

B5509967-8BCF-4FA3-B3C8-12187D36DF52.jpeg
グリーンの紫陽花も生命力を感じますね。

ワタクシは、PENTAXの防塵防滴ほど身体は丈夫でないので、いつものモンベルでゴアテックのカッパを買いましたが、レンズばかり買っているため、パンツまで防滴が行き渡らず風邪気味です。

623686F1-F17C-4C15-8FA5-29AC4A913C3C.jpeg
雨に濡れた葉っぱも良い感じです。

やっぱり紫陽花はカンカン照りよりも、どんより曇って小雨もパラつく雨模様の梅雨がよく似合いますね。今回も紫陽花で有名な吉備津神社にやってきました。

23B95F21-C4BC-4BAA-A8A4-55F769222733.jpeg
やっぱり100mmMACROのボケ感は、硬くならないなぁ。

というか、紫陽花が咲くのが楽しみで毎週のように通っています。前回はほんの小さな赤ちゃん紫陽花が少しばかりあっただけでしたが、一週間でかなり紫陽花の準備が整っていて、中には綺麗に咲いているものもありました。

2CE6BCF4-9149-4891-9645-834468A8D78B.jpeg
アウトフォーカスに向かって溶け込むようなボケは流石だね。

ただ、まだ緑の状態の紫陽花が満開?になっているのも、今だけの光景なので、それはそれでとてもいいものです。

D0381682-521F-4720-839C-20DF007F1F8D.jpeg
白の紫陽花になりそうですね。過程を撮るのも楽しいですね。

それに今までの季節ごとに紫陽花を撮ってきましたが、今回みたいに咲く直前に撮ったのはほとんどなく、また雨降りに撮ったこともあまりなかったので、今回の撮影はとても楽しかったです。

E404FEFB-DEBD-428E-B01F-490C097FA333.jpeg
所々咲いているのもありました。

吉備津神社までは家から一時間ぐらいの場所なので、雨の具合が読めなくて最悪土砂降りなら流石のPENTAXの防塵防滴でも厳しいので諦めざるを得ないかな…と思っていましたが、ワタクシのお参りの効果が効いたのでしょうか…ホント丁度いい小雨模様で良かったです…神様…あざーっす!

90A735B1-0A68-493B-90D7-3A1F5C8722B8.jpeg
F3.2 ちょっと開放気味で…。

いや冗談抜きで、これ程の素晴らしい紫陽花を手入れをして無料で観覧できるのは、感謝しかないですね。みんなももし吉備津神社に行ったらお賽銭を弾んでくれ…。。

598D2677-D04F-4A47-9291-AAB542C56CF1.jpeg
紫陽花に比べて葉っぱが大きいですね。葉脈までしっかりと写しています。

ところで今回の撮影感想ですが、最近になってやっと100mmMACROで絞って撮れるようになりました。ワタクシもオトナになったものです。

E7CF5325-760F-483F-B2CF-DA003AA5C763.jpeg
ちょっと離れて開放で…。

近くは絞り気味に撮り、ちょっと離れれば開放かやや開放で撮る…そんな事はマクロレンズのイロハでしょうが、開放好きなニンゲンからすれば、中々絞って撮るのは勇気がいることなんですよ。

D27D199A-88E6-486E-BC01-C80FC6E7F337.jpeg
どの紫陽花にピントを合わせようかな…結局全部に合わせたのを撮りました。

別に開放で撮らないと命を失うわけではないでしょうが、フロントダイアルを右にカリカリする(ワタクシはフロントダイアルに絞りダイアルにしています)するだけで手が震えます。

C950A3C5-FA17-47B9-BA50-F40A1246347E.jpeg
違う方向からも色々と撮るのも楽しいです。

そう…ココロの中で、何故せっかくの紫陽花を開放で撮らないのだ…と、ココロが葛藤するのです。ハァ…困ったモノです。

40DAF35A-035F-4124-AD12-48E81FAC0122.jpeg
背景のボカし具合を調整しながら撮るのも紫陽花ならではです。

そのココロの葛藤を宥めながら絞って撮ると…いや〜良いですなぁ…帰ってからマックでピンボケの紫陽花を鑑賞しなくて。。

9A7046EC-029F-4949-BB83-D2504B67D822.jpeg
今回は開放でガチガチにマクロで攻める撮り方はしていません…あしからず。。

確かにマクロ気味で開放で撮るのは、ちょっとした狩の気分になります。薄いピント面を掻い潜ってジャスピンを撮る…これはまさしくスナイパーです…キミのハートを射抜いて見せるさ…などと軽口が出てしまう楽しさです。

20BFD415-75CD-42AB-B216-78607D72001F.jpeg
100mmMACROは、F5.6まで玉ボケは出ます。

そんな楽しい撮影スタイルを封印しての絞っての撮影です。しかも雨に濡れての撮影です。ちょっと自分に酔いしれてきます。

2672C69E-7A85-41AD-A749-A897416256F7.jpeg
チラリズムも良いものです。

この雨に濡れた紫陽花は良い形だぞ…あっちの群生しているのはあえて開放で撮ってみるか…お、あそこの紫陽花は前ボケを狙いやすいぞ…濡れた石の階段とのショットも味があっていいぞ…と、などと色々と興奮しながら撮影を続けていきました。

0670C4B7-D55F-4DD6-B863-177A1ACE524C.jpeg
濡れた石段とのショット。合いますねぇ…。。

そして、全く興奮して身体がポカポカしてきたぞ…ついでに頭も痛くなってきたぞ…いや…ちょっとポカポカというよりは寒気がしてきたぞ…。。

E7B41050-942C-4571-9256-FF7BA1817A13.jpeg
一面に鮮やかな色の紫陽花が見れそうですね。

はい…雨に濡れてカメラではなく、ワタクシの身体の防滴機能がショボかったみたいですね。

69819E56-D506-4C96-832A-F8C03C943704.jpeg
来週には一面の紫陽花で賑やかになりそうです。

これ以上撮影を続けると、ワタクシの身体機能がショートしてしまうので早々に切り上げました。せっかくのフィールド最強カメラのPENTAXでも、ワタクシの身体がショボいと宝の持ち腐れになりますので、もうちょっと丈夫な身体作りを心掛けます。

今回の機材 PENTAX K-1 Mk2 +smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR

99B81D0F-886C-4952-8330-878F2C25A9A1.jpeg
結構濡れましたが、ワタクシ以外は調子は良いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。