Leica SL + Voigtlander NOKTON50mmF1.1 VMで薔薇の最後を切り撮る

Scroll down to content
DF47F0BD-4FF2-4CA4-B115-7E960DA1E309_1_105_c.jpeg
今回もLightroomでレタッチしていますが、シャドーを少し上げたぐらいで、色味はほとんどいじっていません。

ほんの一週間前にNikon Df + Ai-S Nikkor135mmF2 で満開の薔薇を撮ったのに、たった一週間の間に薔薇の半分以上が枯れていました。植物の命って儚ですね…。

63A4953C-1B89-4A33-A83C-CCDEB3713B52_1_105_c.jpeg
ほとんど枯れた中で、一輪のみ綺麗に咲いていました。

そんな枯れた薔薇の中から素敵な薔薇を見つけ出し、枯れた薔薇をボカして見せないようにする為には、大口径のレンズが必要です。

C422142D-F733-4CD2-A9BA-13E6E0A87804_1_105_c.jpeg
奥の背景は一体何なのか分からないぐらいボケます。

という訳で、Voigtlander NOKTON50mmF1.1 VM(NOKTON50)の出番です。F1.1の極薄のピントでもLeica SLの最高に見えやすいEVFでピントはビシッと合います。

A35B9CF9-CFD7-4CA4-83A4-18666529241E_1_105_c.jpeg
カラープロファイルも『ナチュラル』にしないと、色飽和を起こすほどに色が強く出ます。

まるで絵画のように背景をボカすのはさすがはF1.1の大口径です。背景は跡形もなく玉ボケになってくれます。

6B4864C1-F89C-44D8-9030-CAA17EDD2B2A_1_105_c.jpeg
背景が油絵みたいにボケますね。

まぁNOKTON50は開放で撮ってナンボのレンズなので、問答無用で開放のみで撮っていきました。でもね…ハッキリ言って、このレンズをワタクシ如きの腕前でLeica M10-Rのレンジファインダーで開放で撮るのは至難の業です。

0609B4A9-A731-4BE5-A8F0-0FB16B34A655_1_105_c.jpeg
とにかくボカしたい人には、最高に面白いレンズです。

しかし、SLで撮ると見えやすくて操作がしやすいピント拡大機能で、老眼のワタクシでもビシバシピントが合います。

151098A5-5505-413B-9EC3-E176F56981E5_1_105_c.jpeg
今までの歴代のカメラの中で、一番縦構図を撮りやすいカメラです。

それに確かにSLはミラーレスカメラとしては重量級ですが、縦構図も撮りやすく、手振れ補正がついていないボディーでも、手振れがしにくいように持ちやすいグリップが付いています。

6B88E4FB-851D-451D-97EA-5A90D8813802_1_105_c.jpeg
最短撮影距離が1mなので、前ボケは簡単に出ます。

まぁワタクシ如き場末の美容室経営者には、ライカ謹製のLマウントレンズはお値段の都合上買えませんので、Leica M10-R用に買ったVoigtlander のレンズを付けて細々とMFで楽しむ他はないですけどね。

3D3B497A-10BA-4B0C-86B8-9251DCCE2178_1_105_c.jpeg
1mの撮影最短距離のため、接写をするのには難しいレンズですが、その分構図を色々と考えられます。

それに元々SLは、Mマウントレンズを一眼カメラにつけて楽しむために手に入れたので、今後もSIGMAやPanasonicのLマウントのAFのレンズも手に入れない予定です。

77D00F2D-62CE-43C7-A0D5-CA6DC257E504_1_105_c.jpeg
奥の玉ボケは白い薔薇です。

またAFレンズを楽しむのは、我が心の支柱のPENTAXだけのつもりです。なので、早くDFAのLimitedレンズかスターレンズを出してもらいたいですね。そもそもK-1 Mk2という立派なフルサイズ機があるのに、フルサイズをカバーしたレンズが…後略。。

EC31B235-7B33-4F2B-900E-FDCCF4B992B9_1_105_c.jpeg
一番奥の白い薔薇よりも1mほど奥の赤い薔薇でこれだけボケます。

と、何故かPENTAXへの愚痴になってしまいましたが、NOKTON50の開放でのボケ味はかなり個性的です。

B42E5F63-FBF7-47E5-AB1A-71CD878B37E4_1_105_c.jpeg
ピント位置で自由自在にハードにボケさせられるのは、F1.1の成せる技ですね。F1.4では、中々ここまでボケません。

先ほども書きましたが、薔薇などの色の濃いものをボケさせると油絵みたいなボケになります。このボケはかなりの好き嫌いの好みを分けるのではないでしょうか。

B12FDDE0-C49E-434D-A79E-D931CD313CCD_1_105_c.jpeg
ピント面はシャープに写りますので、どこにピントを合わせて撮ったのかは、見つけやすいです。

もちろんワタクシはこの様な個性的なボケは嫌いではないです。ちょっと絞ればもう少し自然なボケ感にもなりますし…。。

18A91F7C-580B-422E-A8AE-5B33D9784327_1_105_c.jpeg
操作しやすいヘリコイドで、ピント合わせも楽しいです。

でもね…F1.1という極薄のピントを、SLのEVFでジワジワとピントを合わせるのがクセになるほどの面白さなのです。

つまり、とても楽しい撮影体験を味わえる訳なんですわ。

7E548322-20A8-4414-BCF4-55C8CFCA0FCE_1_105_c.jpeg
ただやっぱり開放で撮るには個性的すぎる写りですので、今度は絞って色々と撮ってみます。

NOKTON50は、絞れば真っ当な写りをしてくれるレンズですが、しばらくワタクシ的には開放で撮って、飛び道具的な使い方を堪能していくつもりです。ホント楽しいレンズですが、手に入れる時はよく考えてからの方がいいレンズでもあります。

今回の機材 Leica SL + Voigtlander NOKTON50mmF1.1 VM

A6025C8F-0C4D-44F7-B4A8-655655A56699.jpeg
NOKTON50は割と大きなレンズなので、M10-RよりもSLに付けた方がバランスがいいですね。

One Reply to “Leica SL + Voigtlander NOKTON50mmF1.1 VMで薔薇の最後を切り撮る”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。