PENTAX FAリミテッド三姉妹を楽しんだでござる

Scroll down to content
49614D00-3BEC-4790-A14D-A41E8A3B9EC7_1_105_c.jpeg
FA77

三姉妹を楽しんだというのは、知らない人からすれば「なんてハレンチな!」とお叱りをウケる事案でしょうが、もちろんPENTAXのレンズのことです。

AAC757D0-BF4E-461A-A780-AD8C7A25C1E7_1_105_c.jpeg
FA43

え?YUTA録に来る人はほとんどがペンタキシアンだから、そんなことは当たり前に知っているって?まぁそうですね…おじさんになると、無意味に下ネタを絡ませたくなるものなんです…え?セクハラだって?…サーセンね!!

73560E6A-2F44-4202-9829-9BC8910CFE85_1_105_c.jpeg
FA31

と、勝手にボケて勝手にキレているのはいつもの事ですが、ワタクシが持っているFAリミテッドは3本ともsmc版のシルバー筐体です。

AFDDF295-52FE-4779-A643-11436E4B041A_1_105_c.jpeg
FA43

HD版が出ましたが、わざわざ買い換える気はないですし、そもそもシルバー筐体がカッコイイのでHD版が出たといっても、三姉妹への愛情は些かも揺らいではおりません。

BA787C86-D369-499C-9888-91298DED72D9_1_105_c.jpeg
FA31 ワタクシの大好きなモンベルのシューズです。大分くたびれたね…。。

もうね…シルバーの三姉妹を並べて見ていると、ムラムラじゃなかった、ワクワクしてきます。シルバーのK-1 Mk2に付けると、もうね…最高潮にムラムラじゃない、ワクワクして写真を撮りたい欲求が、ムクムクと盛り上がってきます。

0AA5AF6B-A557-493F-A459-F7498211A563_1_105_c.jpeg
FA77 HD化されたFA77は円形絞りで玉ボケは丸くなったみたいですね。でも角ばった玉ボケも味があって良いですよ。

と、あまりセクシーな表現ばかりしていると女性読者(ワタクシのブログに果たしているのかな?)から嫌われそうなので、以後気をつけま〜す。。

4DA590D9-883B-45EA-AE06-5A6040986CA3_1_105_c.jpeg
FA43 磯の塩の香りが漂ってきそうな写りですね。

で、ワタクシが三姉妹の中で一番愛情をそそ注いでいるのが、長女のFA43です。まぁ使いやすい画角というのもありますが、面白いのは開放で撮った時はほとんどがボツな写りを出しますが、たまに息を呑むほどの素晴らしい写りを出す時があるギャンブル性が、タマラナク好きなんですね。

213FB1B5-7AAA-4E76-ABB8-9C1C0C70DA3C_1_105_c.jpeg
FA43 開放です。四隅の減光を味と撮るかどうかが、このレンズの好き嫌いに繋がりますね。

もちろん絞ればかなり安定した写りとなり、パンケーキタイプの大きさのレンズなので、FA43一本で小旅行に行けそうな小粋な雰囲気を纏った素晴らしいレンズだと思います。

93C2DC2C-D639-447C-BA8B-804E9309C529_1_105_c.jpeg
FA77 F2.8に絞っても、背景のボケ味に強い個性を感じます。ええ…ワタクシはこのクセの強いボケが大好きです。

次に好きなのは、世界中のペンタキシアンから絶大な支持を得ている次女のFA77です。まぁこのレンズは一番リミテッドレンズのエッセンスを深く具現化しているのではないでしょうか。例え開放で撮って、ボケが暴れまくっても「FA77で撮りました」と言えば、「なんかいい感じに写っているね」と言わせてしまう(注:ペンタキシアンのみに通じる)説得力を持っています。

E393AA7B-2A50-42A3-9807-D5445AB6A553_1_105_c.jpeg
FA77 開放で撮りました。背景ボケに強い個性を感じる分、前ボケは割と落ち着いた感じです。

まぁモデルや花などの綺麗なものを写すなら、FA77で撮っておけば何とでもなる気がするペンタキシアン必須のレンズですね。

401F09EF-34E5-4CA8-AE7A-770C9E888F84_1_105_c.jpeg
FA31 三姉妹の中でAFが一番早くて正確です。水滴だって思い通りに撮れます。

で、もちろん嫌いじゃないけど三番目に好きなのが三女のFA31です。他のリミテッドレンズ2本とはちょっと違う毛色のレンズです。何でもFA31のみFAリミテッドレンズの開発責任者の方が違うのと、FAリミテッドレンズでは一番最後のレンズなので、一番扱いやすいレンズになっております。

45C12B0A-9A65-49E0-931D-F19A80C9FC14_1_105_c.jpeg
F2.2 ボケ感も自然な滑らかさで好感が持てますね。

開放付近でも優等生な写りをしてくれるし、少し絞っても滑らかなボケ味を楽しめるレンズです。FA31一本で色々なものを撮っていけば、表現の幅を広げてくれる気がするレンズです。

82516EE5-8C99-495D-AAE0-A803945747DD_1_105_c.jpeg
FA43

と、まぁ三姉妹のワタクシの勝手な所感を書いていきましたが、この3本のレンズは、いかなる事があっても手放す気はなく、多分他に所有しているスターレンズを手放しても、三姉妹は墓場まで持っていく所存です。

955D26E3-33ED-4E2B-95A6-CC84001F3E19_1_105_c.jpeg
FA77

で、最近SIGMAが『I』シリーズのレンズを出しましたね。金属筐体で、24mm、35mm、45mm、65mmとちょっと変わった焦点距離のレンズをラインナップに加えていたりしています。写りに関して言えば、FAリミテッドとは方向性は違いますが、レンズのモノとしての質感などは、両シリーズともよく似ていると思います。

1866B31C-C258-4FEF-AE04-CF5099402D7F_1_105_c.jpeg
FA31 なんかFA31は葉っぱばかり撮っていましたね。サーセン。。

つまり、軽くて、小さく、お値段も手頃だが、高いビルドクオリティーの金属筐体であり、もちろん写りも妥協してなく、高い満足感を与える所有感満載のレンズ…という事です。

1DBF140D-18A4-4568-AFB2-CAD159AA5743_1_105_c.jpeg
FA77 そんでもってFA77は紫陽花ばかりだったね。スマンな。

今まではこの様なレンズはPENTAXのリミテッドレンズ(FAだけではなく、DAリミテッドレンズも含む)だけだったとワタクシは勝手に認識していましたが、とうとう日本製レンズに拘っているSIGMAが出してきました…。

5F5700A3-9A37-469D-AAA6-173D2F51D739_1_105_c.jpeg
FA77 軽いレンズなので、K-1 Mk2につけても片手で振り回せます。

残念ながら、IシリーズはPENTAXのKマウントは出る予定は0%ですが、ワタクシはLマウント(他にもソニーのEマウントもあります)のLeica SLを持っていますので、その内手に入れて、リミテッド三姉妹と比べてみたい気がします。

まぁいつ頃手に入れるかは未定ですが、のちの楽しみが増えました。

今回の機材 PENTAX K-1 Mk2 + smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited / smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited / smc PENTAX-FA 31mm F1.8AL Limited

IMGP4056.jpg
左からFA43、FA77、FA31です。相変わらず、背景にやる気を感じさせなくてゴメンな…。。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。