PENTAX K-1 Mk2 + DFA☆50mmF1.4で楽しむ軽登山

Scroll down to content
417CD1B6-3147-43A9-BDBD-5E5591D86FD6.jpeg
頂上からの風景です。ええ…大して高い登山ではありません。

先日にPENTAX K-1 Mk2 + DFA☆50mmF1.4(DFA50)での撮影が楽しかったのと、防塵防滴のカメラとレンズの組み合わせが、梅雨の時には精神安定的に素晴らしく良かったので、地元の『龍ノ口山』に早朝登山に行きました。

E48446A8-4FFF-4297-A8F7-08C8F148587D.jpeg
まずは登山の入り口にある野良の紫陽花を最短撮影距離でパシャリ。もちろんF2.8まで絞っています。開放だとボケすぎて溶けます。

いつものモンベルグッズでカラダを纏い、飲み物も準備して出発です。駐車場から戻ってくるのに三時間ほどの予定(実際は二時間半ぐらいで、往復7kmでした)の軽登山です。また、最近のジョギングで体力アップがどの程度しているのかも確認もしたいですね。

2A1BFF60-37ED-4398-AB42-678AC1B38F49.jpeg
DFA50の光芒はとても美しくて、ついつい狙ってしまいます。

軽登山といえどもカメラとレンズで合わせて2キロ以上の重量です。同じKマウントのAFで標準レンズなら、smcFA43mmF1.9Limitedなら軽くて写りもサイコーなので、最後までどちらにするか悩みましたが、やはり梅雨時期で雨に打たれた場合の安心感は、DFA50の方が格段に上なのでそちらに決めた次第です。

D5120AD6-F176-41CD-A579-9F53D5AD021C.jpeg
まだ早朝の影の多い時間帯は、安心して開放で撮れますね。

まぁその選択は間違いではなく、むしろ直ぐに2キロ程度の重さも慣れますし、F1.4の大口径レンズでの撮影は、山の中だろうと関係なく、とても楽しく、ついつい開放で撮ってしまう始末です。

0A85DC07-7762-4C79-B6D4-A07333330C57.jpeg
開放で撮りました。奥に行くにしがって滑らかにピントが合っていく様は、幻想感が出て良いですね。でもフリンジが出ているのは残念ですが。。

もちろん絞って撮ってもいますが、DFA50は開放からキレのある写りで、同じような写真を連発しやすい低山の風景では、深度の浅い深いで色々な視点の写真が撮れるのは、とても面白くて楽しい撮影体験ができます。

6A5ADE52-08AC-431C-8AA7-460B41CFD572.jpeg
影と光の共演は、何でもないものでも美しく見せてくれます。

それに防塵防滴で堅牢なカメラとレンズは、さすがは過酷な自然のフィールドではPENTAX一択だね…と叫んでいるペンタキシアン達のおっしゃる通りです。

E211AAA4-B391-4A38-95E1-9E3FA2FFBF14.jpeg
写真を撮りながらでも1時間ほどで登頂できました。

冗談抜きで持っているだけで安心感を感じます。持ち物に安心感を感じると、低山であっても山登りにはとても重要な要素であり、ちょっとでも不安があれば登山も楽しめないと思いますので、ワタクシの手持ちのカメラなら登山はPENTAX一択でこれからも行こうとココロに誓った次第です。

EBC157E7-091C-4B19-987E-39765C609C2D.jpeg
50mmだと狭い感じですが、所詮は低山なのでこれぐらいの幅の方が余計なものが映らなくて良いです。

で、写りの方は文句があるワケないでしょ。。

ペンタグリーンと言われるぐらいグリーンの発色の綺麗なPENTAXです。登山にはうってつけのカメラです。またDFA50は、とても早くて正確なAFなので、うつろいやすい朝の一瞬の光も逃さず撮っていけます。

680FBC8A-5A1B-4511-9BF0-1EBB70227CFE.jpeg
朝の光は何でも幻想的に写してくれます。

とにかく、開放時のピント面とボケ味が素晴らしいので、薄暗い山の中では開放で撮り放題なので楽しくて仕方ないですね。なんでもない山の注意書きや標識に光が当たって幻想的になっている瞬間を、開放で撮るとエモい画になり満足です。

5EA66B66-9CA7-4BAA-B389-7FFDEEAD7977.jpeg
神社に着くまでは、割と足場の悪い道を通っていきます。

また頂上付近にある神社にも参拝したのですが、やはり昼間に来るよりも朝の清麗な空気を感じながらお参りをし、境内や狛犬、鳥居などを撮る瞬間は、カメラを趣味にして良かったよ…ありがとうね、神様…と、ココロから感謝の念を持ってお賽銭を投入できます。

DDD5F0CA-54A4-4230-8F63-86D689723520.jpeg
なぜここにお金を入れるのだろうか…。

まぁワタクシ程度のあまり体力のないペンタキシアンは、高くてハードな登山よりも、300m級ぐらいの低山の登山で十分ですし、それぐらいがフォトウォークの延長として楽しめますね。

860D801C-571C-4BDF-9594-9B8DCB946AB8.jpeg
中々撮らない狛犬の後ろ姿。筋肉質ですね。

あと、二ヶ月ほど早朝ジョギングと軽めの筋トレをしているのですが、やはり効果はありました。登山中に息切れをすることもなく、登山後に足腰も痛くならず、何よりも翌日にちゃんと早朝ジョギングと筋トレができるぐらいなので、やっぱりニンゲンは地道な努力とその継続が大事なんだな…と思った次第です。

EFEE9C94-1BFF-4B0D-8DCF-B736CAABE85F.jpeg
低山といえども頂上付近で、割と足場の悪いところにある神社ですが、結構人気があるみたいです。

という訳で、登頂した達成感と参拝して清涼な気持ちでスッキリとするので、低山でも登山はコロナ禍でストレス満載な人達にもおすすめできます。

E0720FAE-3D15-4689-A6A8-D203AADF3642.jpeg
神社の他にも、祠がポツンとあるのも登山あるあるですね。

あとね…ちょっとお気軽な早朝登山に味をしめたので、今度はDFA☆85mmF1.4か、DFA☆70-200mmF2.8を持って行こうかと計画をしています。

今回の機材 PENTAX K-1 Mk2 + HD PENTAX-D FA* 50mm F1.4 SDM AW

4610B456-21ED-4BD2-A516-D0A51701D5D4_1_105_c.jpeg
PENTAXの強力な防塵防滴は少々の雨で濡れても問題ナッシングです。ちなみに奥はかつて持っていたX-Pro3です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。