YUTA録

Leica SL2-S + Voigtlander APO-Lanthar50mmF2が、もしかして最強じゃないかと思った件

Scroll down to content
見た目もやる気を感じさせる佇まいです。
見た目もやる気を感じさせる佇まいです。

もしかして…じゃなくて、ホント最強の写りですわ。

まぁ分かっていたのですわ…。SL2-SにVoigtlander APO-Lanthar50mmF2(APO50)を付ければ、ため息が出るほど美しい画を写し出してくれるのは…。。

今回も先日と同じく香川県の『こんぴらさん』で撮りました。え?手抜きだって?折角785段の階段を登ったので勘弁してくだされ。。
今回も先日と同じく香川県の『こんぴらさん』で撮りました。え?手抜きだって?折角785段の階段を登ったので勘弁してくだされ。。

ただね…ワタクシのショボい腕前でレンジファインダーのLeica M10-RにAPO50を付けて撮るのと、慣れ親しんでいる一眼カメラのSL2-Sに付けて撮るのとでは、断然SL2-Sの方がいい仕事をするので、M10-Rの存在意義がなくなって、悲しい思いをしそうだったので今までSL2-Sには付けていませんでした。

あまりに素晴らしい解像感なので、ボケ描写云々よりも、絞って撮る方がワクワクします。
あまりに素晴らしい解像感なので、ボケ描写云々よりも、絞って撮る方がワクワクします。

それでも取り敢えずM10-Rには、ズミクロン50mmを手に入れたので、APO50をSL2-Sに解禁しました。

ハイライトとシャドーの写りがホント素晴らしい。白飛び、黒潰れなどを気にしなくても撮影できます。
ハイライトとシャドーの写りがホント素晴らしい。白飛び、黒潰れなどを気にしなくても撮影できます。

そしてその写りの良さに、オシッコをちびりそうなぐらい感動した訳ですわ。

まぁオシッコをちびりそうなのは、熱中症対策で水分を摂りすぎなのと、ただ単に歳を取ったからかもしれませんが、そんな力技のコメントが出るぐらい、解像度がバリ高な写りをしてくれます。

F11に絞って光芒を出しました。光芒の美しさもさる事ながら、奥の葉っぱの解像感が素晴らしい。
F11に絞って光芒を出しました。光芒の美しさもさる事ながら、奥の葉っぱの解像感が素晴らしい。

特に木々の葉っぱなどの細かい描写は、Leica ズミクロン M50mm F2.0 (6bit)よりもAPO50の方が優れています。

組み木や奥の行燈などもしっかり描写していますね。
組み木や奥の行燈などもしっかり描写していますね。

え?そんなのはアポクロマートのレンズだから当たり前だよって?…うん、まぁそういうことだ。。

Leica ズミクロン50mmと匹敵する空気感を感じます。
Leica ズミクロン50mmと匹敵する空気感を感じます。

それにやっぱりレンジファインダーでピントを合わせるよりも、一眼カメラで合わせる方がジャスピンが来やすいので、よりSL2-Sでの写りが素晴らしく感じます。

シャドーはもっと起こせますが、あえてシルエットぐらいにしています。
シャドーはもっと起こせますが、あえてシルエットぐらいにしています。

特に今回は、Leica M10-Rを使った直後にSL2-Sを使ったので、見えやすいEVFとピント拡大機能のおかげで、よりピントの追い込みのしやすさを感じられました。

手水マニアとして、昨今のコロナ禍で手水を止められているのは辛いです。
手水マニアとして、昨今のコロナ禍で手水を止められているのは辛いです。

まぁレンズ自体は、さすがはVoigtlander史上『最高の描写力』とメーカーも謳っているように、ワタクシ如き場末のペンタキシアンがほざく必要がないぐらい、スンバラシイモノです。

人力車のベルベットの質感が伝わって来そうです。
人力車のベルベットの質感が伝わって来そうです。

特に広いラティチュードのおかげで、積極的に仄暗い中での撮影を楽しみたくなりますね。いい雰囲気で写してくれるのですわ。。

氷の暖簾がいい具合に風で靡くまで、クソ暑い中がんばりました。
氷の暖簾がいい具合に風で靡くまで、クソ暑い中がんばりました。

これならLeica謹製のSL50mmの単焦点レンズは必要はないですね…って、どの道値段が高すぎて手に入れれないけどさ。。

褌のアップとは…。安心してくだい…人形です。日本酒の製造工程の一部です。
褌のアップとは…。安心してくだい…人形です。日本酒の製造工程の一部です。

それぐらい、素晴らしい写りなので、SLユーザーはM型ライカを持っている人がほとんどだと思いますので、ぜひ手に取って貰いたいレンズですね。

こんぴらさんの門前町に清酒『金稜』の博物館があります。日本酒好きは見学を楽しめます。
こんぴらさんの門前町に清酒『金稜』の博物館があります。日本酒好きは見学を楽しめます。

これぐらい気に入るなら、もっと早くSL2-Sに付ければ良かったと思います。

で、Voigtlander APO-Lanthar 35mmF2も持っていますので、次回はそちらをSL2-Sにつけてみようと思います。

今回の機材 Leica SL2-S + Voigtlander APO-Lanthar50mmF2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。