YUTA録

Leica SL2-S + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2の写りは、やっぱり悶える程の美しさだった件

Scroll down to content
今回は『とっとり花回廊』に行きました。すでにハロイン推しでした。
今回は『とっとり花回廊』に行きました。すでにハロイン推しでした。

まぁね…やっぱりSL2-SとVoigtlander APO-LANTHAR 50mm F2(APO50)の組み合わせは、Leica M10-Rとの組み合わせよりも素晴らしい画を叩き出してくれますわ。。

Leica SL2-S + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 白黒で撮れば、より金属感が出てカッコイイですね。
Leica SL2-S + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 白黒で撮れば、より金属感が出てカッコイイですね。

ええ…もちろんワタクシのM10-Rの腕前がヘタクソなので、一眼ミラーレスのSL2-Sで撮った方が、ジャスピンが来やすくてサクサク撮れるだけなので、世界中のM型ライカ人は、問題なくAPO50をM型で楽しく使っていることでしょう。

ほぼ最短撮影距離(70cm)で、F4で撮りました。ピント面、前ボケ、背景ボケとギュッとまとめて写しています。
ほぼ最短撮影距離(70cm)で、F4で撮りました。ピント面、前ボケ、背景ボケとギュッとまとめて写しています。

あ〜あとね…最近になって気がついたのは、SL2-Sにマウントアダプターを付けて撮るときは、ちゃんとレンズ設定をしないといけません。

色潰れすることもなく、白のコントラストも高く写っていますね。美しい。。
色潰れすることもなく、白のコントラストも高く写っていますね。美しい。。

例えば今回つけたAPO50は、Leica謹製のAPO-SummicronF2がありますので、SL2-SにAPO50をつけるときはAPO-Summicron50F2の設定でレンズ登録をすれば、ほぼAPO50の理想に近い写りを堪能できると思います。

デジカメでこれだけ赤が綺麗に写れば文句はないでしょう。
デジカメでこれだけ赤が綺麗に写れば文句はないでしょう。

また、ちゃんとその様に設定をすると、SL2-Sの手ぶれ補正もISOオートも作用しますので、非常に便利です。逆を言うと、もし設定をせずにレンズを付けただけで撮れば、手ぶれ補正も作用しませんし、ISO値も任意に設定しないといけません。

ボケを確認しながら撮れるのは、EVFのいいところですね。お陰でサルみたいに開放絞りばかりで撮る事がなくなります。
ボケを確認しながら撮れるのは、EVFのいいところですね。お陰でサルみたいに開放絞りばかりで撮る事がなくなります。

だからみんなもちゃんと設定をしておこうね…え?…そんなこと当たり前だって?…サーセンね。。

F11まで絞りました。これだけ高精細に写れば文句ないです。
F11まで絞りました。これだけ高精細に写れば文句ないです。

それにしても、収差のほとんどない写りって素晴らしいですね。別にボケ描写に頼らなくても、十分に目を引く写りをしてくれます。Leica謹製の50mmアポクロマートのレンズ(アポ・ズミクロン)はクソ高くて買えませんが、そのほぼ10分の1の値段で手に入るAPO50は、ホント救世主ですわ。

光陰礼賛。光と陰を拾って撮るのは、楽しいですね。
光陰礼賛。光と陰を拾って撮るのは、楽しいですね。

今回みたいに木々や花々を撮ればコントラストの効いた素晴らしい色表現をしてくれますし、金属を撮ればその素材感を感じることができます。

ちょっと宇宙ステーションっぽい感じですね。カッケェ…。。
ちょっと宇宙ステーションっぽい感じですね。カッケェ…。。

特に幾何学的なものとの相性は抜群であり、その緻密で詳細な写りを堪能したくて、『花回廊』でありながら、回廊やドームをたくさん激写した具合です。

綺麗には写るのですが、もう少しふんわり感が欲しい…。え?レタッチしろって?
綺麗には写るのですが、もう少しふんわり感が欲しい…。え?レタッチしろって?

その分、花々を撮った時にはまるで図鑑に載せるが如く精細に写っているので、色気があまり感じません。

まぁその辺りは、ワタクシの撮り方もあると思いますが、いつの日かにベッピンさんを撮る時には、別のレンズにしようと思った次第です。

ドームの中。花よりも、ドームの鉄骨に萌える。。
ドームの中。花よりも、ドームの鉄骨に萌える。。

実際APO50を使って思うのは、MFが嫌でなければAFのバカ高いレンズなど買わずに、APO50を手に入れた方が幸せになれます。

おじいさん頑張っていました。でもばあさんからの要求が厳しめで涙目だったので、ワタクシが珍しく声を掛けて2ショットを撮ってあげましたとさ。。
おじいさん頑張っていました。でもばあさんからの要求が厳しめで涙目だったので、ワタクシが珍しく声を掛けて2ショットを撮ってあげましたとさ。。

デジタルの苦手な赤色でも色飽和することもなく、遠くの木々の葉っぱも潰れずに写し撮っているのを見ると、逆にライカ・アポズミクロンの10分の1の値段で良いのだろうか…コシナさん大丈夫かよ…と、心配する始末です。

ススキの質感や写りなどは、ホントスンバラシイと思います。
ススキの質感や写りなどは、ホントスンバラシイと思います。

撮るもの全てが高精細に、色潰れなく見たままの色味で表現されるのは、自然とシャッターを押す回数が多くなり、あっという間にSL2-Sの電池がなくなります。

よく見えるEVFのピント拡大機能は、フォーカスピーキングは必要はないですね。お陰でどんな繊細な被写体でも、美しい景色を見ながらシャッターを押せます。
よく見えるEVFのピント拡大機能は、フォーカスピーキングは必要はないですね。お陰でどんな繊細な被写体でも、美しい景色を見ながらシャッターを押せます。

SL2-Sは、MマウントレンズをLeica M型の次に高性能に写せるように開発されました。

最短撮影距離は70cmでも慣れればそれほど近づいて撮らなくても満足感は出ます。え?強がりを言うなって?
最短撮影距離は70cmでも慣れればそれほど近づいて撮らなくても満足感は出ます。え?強がりを言うなって?

つまり、SIGMA fpなどの他のLマウントカメラやNikon Zシリーズなどのミラーレスよりも、よりMマウントレンズの特性を活かせるように作られているので、冒頭に書いたようにAPO50と似たライカレンズに設定を合わせれば、よりレンズ性能を享受できる筈です。

ここまで繊細なものをきちんと写しているのって、すごい事ですよね?APO50の描写力には驚きます。。
ここまで繊細なものをきちんと写しているのって、すごい事ですよね?APO50の描写力には驚きます。。

確かなクリック感のある絞りリングと、適度な重さでジャスピンしやすいヘリコイドは、撮ることに集中できて、人生の嫌なことも忘れさせてくれるほどです。

まるで図鑑に出てきそうなほどの高精細な写りです。もしかしたら中盤並みかもね。
まるで図鑑に出てきそうなほどの高精細な写りです。もしかしたら中判カメラ並みかもね。

色々とレンズの入れ替えが激しいワタクシですが、APO50は絶対に手放せないレンズです。ええ…もちろんアポ・ズミクロンなんて手に入れられるワケないですし。。

今回の機材 Leica SL2-S + Voigtlander APO-LANTHAR 50mmF2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。