YUTA録
Leica Q2 普段使いなら、コンデジのこちらを使えば良いのだろうけど、70万円のカメラを仕事バックに入れっぱなしというのは、貧乏性のワタクシにはちょっと不安で仕事に集中できません。
Leica Q2 普段使いなら、コンデジのこちらを使えば良いのだろうけど、70万円のカメラを仕事バックに入れっぱなしというのは、貧乏性のワタクシにはちょっと不安で仕事に集中できません。

え?急に何言っているのだ…あ〜結局、先日にレフ機が懐かしいなどとほざいていたのは、E4を手に入れるための戯言だったのか…。。

と、お怒りの貴兄もいらっしゃると思いますが、コトはそう単純ではないのです。

そもそも今のライカカメラ3台体制だと、日頃気軽に持ち出すにはちょっと躊躇するカメラばかりなんです。

まず、大きい・重い…そしてこれが一番の懸念である『価格がクソ高い』ので、不意の落下など心配…と、三重苦なため、もっと気軽に持ち出しやすいカメラが欲しいんです。

Leica TL2 は、Lマウントレンズが付けれます。なのでSL2-Sのズームレンズを1.5倍の焦点距離で使えるのは、ちょっと魅力的です。
Leica TL2 は、Lマウントレンズが付けれます。なのでSL2-Sのズームレンズを1.5倍の焦点距離で使えるのは、ちょっと魅力的です。

そこで、Leica TL2を中古で考えたのですが、やはりカメラの機能と値段が折り合わず…どうせなら、むしろもっとお値段の高いLeica CLにしようか…などと血迷ってしまいそうになる始末です。

Leica CL 35万円なり。こちらはTL2とは違って、EVFもついています。巨大なSLズームレンズを付けるには、CLの方が良いでしょう。デザインはサイコーなんだけど、価格がね。。
Leica CL 35万円なり。こちらはTL2とは違って、EVFもついています。巨大なSLズームレンズを付けるには、CLの方が良いでしょう。デザインはサイコーなんだけど、価格がね。。

で、よくよく考えると中古でもお値段の高いカメラは、気軽に持ち出すには結局躊躇するには変わりがない…それでは意味がないではないか…と、考える様に至りました。

そこで、ワタクシは一体どうしたいのか、ここで冷静にいくつか欲しいカメラの条件を箇条書きにしてみました。

①軽くて、小さくて、APS-C以上のセンサーで、お値段も優しいカメラである。

②レンズは、Leica Mマウントをマウントアダプターで使えること。いや、むしろ使うレンズはMマウントだけでも良い。

③見た目がワタクシ好みで、カッコイイこと。

④RAWで撮らずに、JPG出しを基本的なスタンスで撮影を楽しみたい。

以上4点です。

そこで候補に上がったのが、SIGMA fp の中古、Nikon Zfcの新品、FUJIFILM X-E4の新品の3台のカメラが候補に上がりました。

新品で18万円なり。上位機種のfp Lが出たので、値段がかなりこなれました。ファインダーレスで、フルサイズカメラでは、世界最小です。カメラのデザインも悪くなくて良いのですが、フルサイズならLマウントのSL2-Sで被るので却下ですね。
新品で18万円なり。上位機種のfp Lが出たので、値段がかなりこなれました。ファインダーレスで、フルサイズカメラでは、世界最小です。カメラのデザインも悪くなくて良いのですが、フルサイズならLマウントのSL2-Sで被るので却下ですね。

SIGMA fpは、フルサイズなので写りは申し分ないし、Lマウントなので、Leica SL2-Sのレンズと共有できます。しかも中古備品で13万円ほどです。(うん、SIGMAは相変わらずリセールバリューが悪いな。。)

それに fp のカラーモードの『ティール & オレンジ』や新色の『パウダーブルー』も使ってみたいですね。

しかし、Lマウントレンズだと便利そうに見えますが、結局 SL2-Sと使い方が被り過ぎ、SL2-S大好き病に罹患しているワタクシは、fp は使わなくなることになる可能性大なので却下しました。

軍幹部のメカメカしいデザインは、これから撮影をするぞ…というヤル気を出させてくれる素敵な要素です。マニュアルで操作する喜びも感じられるので、撮影を楽しむのならZfc一択ですかね。
軍幹部のメカメカしいデザインは、これから撮影をするぞ…というヤル気を出させてくれる素敵な要素です。マニュアルで操作する喜びも感じられるので、撮影を楽しむのならZfc一択ですかね。

では、Nikon Zfcはどうなのかといえば、カメラの質感や写りの良さは知人のZfcを触らせてもらっているのでよく知っています。お値段も新品で12万円ほどです。うん、最新機種にしては優しいお値段です。それにEVFの見え方も素晴らしいですね。これなら背面モニターとEVFと両方で撮影を楽しめます。

しかし、Nikonのカラーモードである『ピクチャーコントロール』が、どうもワタクシの肌に合いません。ワタクシは以前Nikon Z5を持っていたので、ピクチャーコントロールでJPG出しを楽しんだのですが、元々の色設定がワタクシ的にはピーキー過ぎて使い辛かったのです…と、いう訳でZfcも却下です。

お値段98.000円です。10万円を切っています。素晴らしい。デザインも悪くなく、心臓部のセンサーも最上位機種の一つであるX-Pro3と同じです。文句のつけようがないですね…ただ一つを除いては。。
新品のお値段が98.000円です。10万円を切っています。素晴らしい。デザインも悪くなく、心臓部のセンサーも最上位機種の一つであるX-Pro3と同じです。文句のつけようがないですね…ただ一つを除いては。。

で、結局FUJIFIM X-E4を最有力候補にしたのです。まぁ写りは以前持っていたFUJIFIM X-Pro3と同じなので問題は無しです。しかも、操作方法はX-Pro3とほとんど変わらず、すぐにサクサク使えます。

実際に、カメラ量販店でE4を触ってみたのですが、EVFも背面モニターも素晴らしい写りです。ピント拡大してもカタ付かず、映りもクリアであり、フォーカスピーキングもナチュラルで見えやすい。もしかしてX-Pro3よりも良くなっている?

しかも『フィルムシミュレーション』の新色『エテルナ・ブリーチ』もあり、その色味は中々良さげであり、写欲を刺激します。

じゃあE4で決まりだね…とは、未だになっておりません。なぜって?それは……ワタクシが量販店で触ったE4はシルバーだったのですが、そのシルバーの筐体部分がチャッチーんです…ええ、もちろんLeica M10-Rなどと比べてはいけないことも重々承知ですが、隣に展示してあったX-Pro3ち比べてもチャッチーのですわ。。

まぁブラックの方が、Voigtlanderレンズに似合うので、こちらの方がいいかなぁ。あ、XFマウントのVoigtlanderレンズには、興味ナッシングなので、E4を手に入れても買う気なしです。
まぁブラックの方が、Voigtlanderレンズに似合うので、こちらの方がいいかなぁ。あ、XFマウントのVoigtlanderレンズには興味ナッシングなので、E4を手に入れても買う気なしです。

E4には、シルバーの他にブラックもあるので、そちらにすればチャチ臭さは無くなるかな…と、思っていつものマップカメラで確認をすると、生憎ブラックは『お取り寄せ』の状態で、すぐに手に入らないみたいです。

FUJIFILM謹製のMマウントアダプターです。お値段は新品で23.000円ほどです。中華製のマウントアダプターだと数千円でありますが、精度からすれば高くても日本製にした方がいいでしょう。
FUJIFILM謹製のMマウントアダプターです。お値段は新品で23.000円ほどです。中華製のマウントアダプターだと数千円でありますが、精度からすれば高くても日本製にした方がいいでしょう。

まぁE4にしてもXFマウントのレンズは手に入れる気は全くなしで、FUJIFILM謹製(これがすごく大事)のMマウントアダプターで、Voigtlander APO-LANTHAR35&50mmF2 VMを使う予定です。

画角も35mmが53mmに、50mmが76mmにクロップアップするので、最近標準〜中望遠レンズに好みがシフトしているワタクシにはちょうど良いとお思います。

そんなワケで、マップカメラにブラックの FUJIFILM X-E4が入荷したら、もしかした手に入れるかもしれませんので、その時はまたブログにアップしますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。