Leica SL2-S + アポズミクロン M90mmF2 ASPH. は、中望遠好きには至高の組み合わせだ

Scroll down to content
今回も絞り開放で撮ってきました。元々シルキーな写りをするレンズが、よりシルキーな優しさを纏う写りになります。
今回も絞り開放で撮ってきました。元々シルキーな写りをするレンズが、より絹のような優しさを纏う写りになります。

最近のレンズでよく言われる褒め言葉に、「開放絞りからキレキレの描写でござる」というのがありますが、アポズミM90に関しては、開放絞りは別にキレキレになっていなくても、スンバラシイ写りをしてくれます。

如何にもよく写りそうな前玉をしています。こんなレンズを使えるなんて、とっても幸せだ〜。。
如何にもよく写りそうな前玉をしています。こんなレンズを使えるなんて、とっても幸せだ〜。。

もちろん、キレキレなシャープな写りでないとダメなのではなく、キレキレでなくても線の細く、表情豊かで、高い解像度の写りをアポズミM90は楽しめさせてくれます。

正月に撮りに行ったのですが、彼ら彼女たちはどうやら同窓会の後に来ているみたいですね。私も娘も、もちろん私も子供の頃には、この遊具で遊びましたね。
正月に撮りに行ったのですが、彼ら彼女たちはどうやら同窓会の後に来ているみたいですね。私も娘も、子供の頃にはこの遊具で遊びました。

それに90mmぐらいなら、Leica M10-Rなどのレンジファインダーでも、SL2-Sの高精細なEVFでも、ピント合わせはキチンとできます。

つまり、非常に汎用性の高い素晴らしいレンズだという事ですわ。

ふと視線を感じると、そこには…って、このトーテンポールも何度も撮っていますね。アポズミM90で撮ると、より存在感を感じます。
ふと視線を感じると、そこには…って、このトーテンポールも何度も撮っていますね。アポズミM90で撮ると、より存在感を感じます。

そんな訳で、最近はアポズミM90をM10-Rにも、SL2-Sにも付けて、その優しい描写を楽しんでいるのですが、いったいどちらのカメラと相性がいいのか…と、新たな悩みが出てきます。

ガチピンでも優しい写りです。それでもレタッチでもコントラストを緩めて、色飽和を抑えました。
ガチピンでも優しい写りです。それでもレタッチでもコントラストを緩めて、色飽和を抑えました。

そんなのMレンズなのだから、M10-Rの方がいいに決まっているべ…とは、中々ならないところがライカレンズの面白いところであり、同じ被写体を撮っても、付けているカメラの画作りで雰囲気も変わり、結局その雰囲気が好きかどうかで、マッチングするカメラの評価も変わってくると思います。

完全にドライフラワーになっても、私の被写体になってくれる紫陽花くんです。質感描写が素晴らしいですね。
完全にドライフラワーになっても、私の被写体になってくれる紫陽花くんです。質感描写が素晴らしいですね。

正確なピント合わせの時のスムーズさは、やはりレンジファインダーが未だに下手っぴの私にはSL2-Sの方がいいですが、ガチピンではなくてもサッと素早くピントを合わせるのなら、レンジファインダーのM10-Rの方がやりやすいです。

もう梅の花の蕾ができていました。季節の巡りは早いですね。う〜ん…春にはマクロレンズを手に入れようかな。。
もう梅の花の蕾ができていました。季節の巡りは早いですね。う〜ん…春にはマクロレンズを手に入れようかな。。

ガチピンでも優しくはんなりとした写りは温かみを感じますし、少々のピンボケでも味がある雰囲気の良い画に写し出してくれるので、ますます夢中になります。

そんな中年男を惑わせる魅惑なレンズであるアポズミM90は、冬のなんでもない景色さえも魅力的に写してくれます。

質感描写を見たくて、カサカサしたものばかりを撮ってしまいます。まぁ冬の散歩なので、仕方ないですね。
質感描写を見たくて、カサカサしたものばかりを撮ってしまいます。まぁ冬の散歩なので、仕方ないですね。

でもね…ホントは散歩如きに連れ出すのには惜しいレンズだと思います。もっともっと色んな景色を撮らせてあげたいのですが、ついつい他のレンズを持ち出してしまいます。

こちらは、レタッチで敢えてコントラストを上げました。しかし、カリッとはならず、より質感描写が増した感じですね。
こちらは、レタッチで敢えてコントラストを上げました。しかし、カリッとはならず、より質感描写が増した感じですね。

実際には、他のレンズもとても気に入っていて、もっと使い込みたいものもあるのですが、それらを深く深く考察することもなく、ついつい他のレンズを手に取ったり、挙げ句の果てには新たにレンズや違うマウントのカメラに目がいって購入しようとする始末です。

上とは逆に、レタッチでコントラストを下げました。それでもピント部分の解像度は高いままです。
上とは逆に、レタッチでコントラストを下げました。それでもピント部分の解像度は高いままです。

そう…今年は、今の手持ちのカメラやレンズをもっと使い込んで、深く考察するようにしたいですね。

そんなワケで、資金不足もあり、手持ちのレンズをしっかり使いこなすことを目標に、今年のカメラヲタを楽しんでいこうと思います。

あ、でも…ズミルックス M35mm F1.4 ASPH. が欲しい。。

今回の機材 Leica SL2-S + アポズミクロン M90mmF2 ASPH.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。