Leica SL2-S + SL24-90mmF2.8-4 ASPH. で動物園に行った件

Scroll down to content
流石にこれほどの太さの檻は、大口径望遠レンズでも、消すことはできないでしょう。
流石にこれほどの太さの檻は、大口径望遠レンズでも、消すことはできないでしょう。

え?動物園には望遠ズームレンズが鉄板だろ?相変わらずシロウトカメラヲタだね…キミは…と、侮りの声が聞こえてきそうですが、安心して下さい…いつまで経っても、ヘタクソなカメラヲタなので、その通りです。

この組み合わせで、なんでも撮れる気にさせてくれます。しかし、ホントになんでも撮れるかは、腕次第なのが難しいところだ。。
この組み合わせで、なんでも撮れる気にさせてくれます。しかし、ホントになんでも撮れるかは、腕次第なのが難しいところだ。。

と、まぁ今年も自虐ネタで一発かましたのですが、ホントに安心して下さい。岡山の代表する動物園である「池田動物園」は、古くて太すぎる檻の柵が大口径の望遠レンズでも消す事ができません。

キャンディーが地面に刺さっているようですが、フラミンゴです。
キャンディーが地面に刺さっているようですが、フラミンゴです。

また、檻自体も狭いので、標準ズームレンズのSL24-90で動物たちを十分に迫力ある写りで撮る事ができます。

こちらのフラミンゴは、狂ったように水を飲んでいました。まるで二日酔いの私のようでした。
こちらのフラミンゴは、狂ったように水を飲んでいました。まるで二日酔いの私のようでした。

しかしね…まぁその動物たちに迫力があるかどうかは、別次元の話であり、狭い檻で生気のない動物たちを撮るのも…いや、狭いが故に身近に動物たちを感じることができるのも、長く愛されている地元の動物園の特徴です…サクッと堪能してきました。

地方の小さい動物園は、中型以上の動物よりも、鳥や小動物の種類や数が多いですね。こちらは、見事に柵を消しています。
地方の小さい動物園は、中型以上の動物よりも、鳥や小動物の種類や数が多いですね。こちらは、見事に柵を消しています。

そう…サクッとです。園内自体がやっぱり狭いのと、何度も撮影に来ている動物園なので、撮影は30分ほどで完了です。もちろん、動物たちの表情や仕草、檻の中にいる場所などを考慮したり、ベストなタイミングを待ったりして撮っていけば、その三倍以上の時間はかかるはずです。

完全に逆光ですが、見事に鸚鵡の羽毛の質感と色を写し出しています。もちろんRAWで撮って、Lightroomでシャドーをあげていますが、これだけ難しい条件で撮れているのは見事ですね。
完全に逆光ですが、見事に鸚鵡の羽毛の質感と色を写し出しています。もちろんRAWで撮って、Lightroomでシャドーをあげていますが、これだけ難しい条件で撮れているのは見事ですね。

確かに初めて撮影に来た時は、2時間以上楽しんだのですが、もう何処に何の動物がいるとかなどは、既に頭に入っています。サクサクと歩きながら撮っていく感覚です。

私は今までに、このライオンが起きているところは、一度も見た事がないです。。
私は今までに、このライオンが起きているところは、一度も見た事がないです。。

また、冒頭に書いたように動物たちの檻が狭くて古いので、「あ〜ライオンを厳つく撮るのは無理っすね」と、端から諦めているワケです。できれば、動物園の花形のライオンやホワイトタイガーなどは、もう少し写真を撮りやすい檻を考えて貰えばありがたいですね。。

こちらは、柵を完全に消しきれていませんが、写りのコントラストは保ったままです。ホント、SL24-90は悪条件でも安心して撮れますね。
こちらは、柵を完全に消しきれていませんが、写りのコントラストは保ったままです。ホント、SL24-90は悪条件でも安心して撮れますね。

まぁ以前から資金難もあるような報道をされているので、なかなか難しいとは思いますが、何とか頑張ってもらいたいです。

こちらも柵越しで柵を消していますが、猿の表情も写し切っています。
こちらも柵越しで柵を消していますが、猿の表情も写し切っています。

で、今回は初めて標準ズームレンズのSL24-90で撮りに行った訳ですが、思った通り望遠ズームレンズが必要だべ…と、思ったシーンはありませんでした。

キリンさんの檻が一番広かったです。でも90mmで十分に撮れましたね。70mmだと、やっぱり足りないです。やっぱり90mmまであるSL 24-90は立派だ。
キリンさんの檻が一番広かったです。でも90mmで十分に撮れましたね。70mmだと、やっぱり足りないです。やっぱり90mmまであるSL 24-90は立派だ。

テレ端90mmの開放絞りF4で十分に、細めの柵は消すことができます。またそこまでズームしなくても、できるだけ柵に近づけば柵を消せる事も確認できましたので、今までは猿のように、「動物園には望遠ズームが鉄板だね」と思っていたことを、考え直すことができました。

こちらの姉妹は楽しそうに餌をあげていました。うん、微笑ましいぞ。。
こちらの姉妹は楽しそうに餌をあげていました。うん、微笑ましいぞ。。

と言うかね…実は動物園に行った主な理由は、冬のクソ寒さに震えている動物を撮るのが目的ではなく、それを楽しそうに見ている子供達や恋人達をスナップするのを目的としたのです。

こちらの兄弟はビビリながら、餌をあげていました。及び腰がかわええ。。
こちらの兄弟はビビリながら、餌をあげていました。及び腰がかわええ。。

そう…つまり目的は、キリンさんやライオンさん…ではなく、ホモサピエンスを撮りたかったワケなんです。

こんな締まりの無い顔をしたヤツばかり取りました。。
こんな締まりの無い顔をしたヤツばかり撮りました。。

しかしね…私が行った時間帯はちょっと早い時だったので、それ程の人出はなく、思ったような写真はたくさん撮れませんでした。

あくびを連発していたハイエナ。流石にワンちゃんよりは、強そうな顎と歯をしていますね。
あくびを連発していたハイエナ。流石にワンちゃんよりは、強そうな顎と歯をしていますね。

しかし、動物園特有の獣臭の中でやる気のない動物を撮っていると、その動物達に去年の自分自身を投影して見ているような気がしてきました。

「あ゛…やんのかよ?」とやる気満々の雄鹿です。
「あ゛…やんのかよ?」とやる気満々の雄鹿です。
で、ツノ合わせをはじめました。私も今年はこれぐらいアグレッシブな行動をしたいですね…無理だろうけど。。
で、ツノ合わせをはじめました。私も今年はこれぐらいアグレッシブな行動をしたいですね…無理だろうけど。。

そんなワケで、「そんな生気のない一年にしてはダメだ…今年はもっとモチベを上げて頑張るべ…」と、決意を新たに頑張ろうと思った次第です。

今回の機材 Leica SL2-S + SL24-90mmF2.8-4 ASPH.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。