Leica Q2は、MFで撮ってこそ楽しめるカメラだと思った件

Scroll down to content
もちろん、Q2のAFは素晴らしい性能です。でも、あえてMFで撮る悦びも感じられます。
もちろん、Q2のAFは素晴らしい性能です。でも、あえてMFで撮る悦びも感じられます。

そもそもQ2のズミルックス28mmF1.7 ASPH. は、とても写りの良い評判のレンズですが、マニュアルフォーカスで撮っても、その素晴らしいヘリコイドの操作感を楽しめる事ができます。

コンデジと考えるデカイですが、写りからすればスマートなカメラです。
コンデジと考えるデカイですが、写りからすればスマートなカメラです。

ハッキリ言って、AFで撮るだけならQ2の良さを100%楽しんでいるとは言えません。そう…ライカレンズ自体が、MFで楽しめるように色々な工夫をしているのは、ライカ人として当然の作法として、知っておかなければいけないことの一つです。

あゝ…今回も絞り開放だ。いや、これだけF2.8に絞ってる。まぁこの手のものを開放絞りで撮ると、ピントが行方不明になるよね。。
あゝ…今回も全て絞り開放だ。いや、これだけF2.8に絞ってる。まぁこの手のものを開放絞りで撮ると、ピントが行方不明になるよね。。

またQ2自体は、28mmのレンズですがスイッチひとつで、35mm、50mm、75mmとクロップする事ができます。クロップといっても、所詮は後で任意にトリミングをすれば同じ事なのですが、その焦点距離で撮れるのは何気に便利ですし 、47M画素もあるので、クロップ(トリミング)耐性は十分でもあります。

この手の小さなものを撮る時は、MFで撮る方が早いですね。
この手の小さなものを撮る時は、MFで撮る方が早いですね。

ただ、これはQ2の素晴らしい特徴でもあり、ライカ人以外は「え?ちょっと不便」と思うことが、クロップをしてもEVFは28mmの画角のままで、35mm、50mm、75mmと、そのクロップに応じて(ブライト)フレームが出てきて、その枠の中がクロップのフレームになる事です。

背景のボケ味と、木に写った葉っぱの影のコントラストの差異が美しいですね。カメラをはじめると、色々な気づきがあって楽しいですね。
背景のボケ味と、木に写った葉っぱの影のコントラストの差異が美しいです。カメラをはじめると、色々な気づきがあって楽しいですね。

これはライカといえば、レンジファインダーのLeica M型をイメージするように、レンジファインダー内に出るレンズの焦点距離に応じたブライトフレームが、そのままQ2の見えの良いEVFに出てくるイメージになります。その仕様は、きっとライカ人たちからは歓喜の声で迎えられるはずです。

シャープなピント面と背景の滲むようなボケ味。ホント素晴らしいレンズです。
シャープなピント面と背景の滲むようなボケ味。ホント素晴らしいレンズです。

しかしそれ以外の一般ピーポーは、「え?そのクロップのフレームごとにEVFいっぱいに画角を映し出してくれよ。そうじゃないと、75mmのクロップで撮る場合にフレームが小さすぎて不便だよ」という気持ちになるのではないでしょうか。

何かの昆虫の繭あとでしょうか?MFで撮れば、小さなピント部分でも自在に操れるのが、クセになる楽しさです。
何かの昆虫の繭あとでしょうか?MFで撮れば、小さなピント部分でも自在に操れるのが、クセになる楽しさです。

確かに35mm程度のクロップなら問題はなく、私もM型風なEVFにニヤつきを抑えられませんが、老眼が絶賛進行中でもある私の場合も、やはり75mmほどにクロップするとフレーミングをやりにくいですね。

もっと近づいてF2.8のマクロモードで撮るか…今ぐらいの距離でF1.7の大口径で撮るか…考えながら撮れるのも、Q2の楽しいところです。
もっと近づいてF2.8のマクロモードで撮るか…今ぐらいの距離でF1.7の大口径で撮るか…考えながら撮れるのも、Q2の楽しいところです。

特にジャスピンにこだわるなら、やはりクロップされたEVFを見て、AFでのピント合わせを確認したいのですが、28mmのままのEVFでは75mmのピント合わせは、対象被写体が小さくて確認しにくいです。

こちらは75mmにクロップして撮りました。ピント拡大でMFじゃないと、撮れない被写体です。
こちらは75mmにクロップして撮りました。ピント拡大でMFじゃないと、撮れない被写体です。

しかしね…そんな時こそMFに切り替えればピント面拡大機能が働いて、Q2の非常に見えの良いEyeRes EVFが、7M画素まで落ちた75mmのピント面を、クッキリと映し出してピント調整のサポートをしてくれます。

ただ光の滲みを撮りたくて、パシャリ。ピント面のコントラストの素晴らしいことよ。。
ただ光の滲みを撮りたくて、パシャリ。ピント面のコントラストの素晴らしいことよ。。

そう…つまり、50mm、75mmまでクロップするなら、MFで撮ればなんら問題なく、Q2の素晴らしい撮影体験を満喫できるというワケでござる。

とは言いながらも、実際に私はほとんど28mmのままで撮って、あまりクロップをしませんが、28mmでも積極的にMFで撮っています。

ちょっとゴーストが出ていますね。でも、開放絞りでこの写りです。十分です。
ちょっとゴーストが出ていますね。でも、開放絞りでこの写りです。十分です。

というか、Qシリーズを持っていて、MFで撮らないなんて、クリープを入れないコーヒーみたいなもので、味気ないし、勿体ないですね…あ、ちなみな私はコーヒはブラック派です。

玉ボケを撮りたくて、パシャリ。開放絞りで撮っていっても、全く飽きがこないです。
玉ボケを撮りたくて、パシャリ。ずっと開放絞りで撮っていっても、全く飽きがこないです。

そんなワケで、未だにQ2を使うたびにドキドキして、新しい撮影体験を楽しめています。ホント旅行には、Q2一台で十分に楽しめそうな予感です。

現在はコロナ禍が再び猛烈な勢いで広がっていますが、落ち着いたら京都にQ2一台で撮影旅行に行きたいですね。

今回の機材 Leica Q2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。