しれっと FUJIFILM G FX50SⅡ と GF100-200mmF5.6 LM OIS WR を手に入れたりして

Scroll down to content
持った感じは、FUJI X-T4 よりもふたまわりほど大きいイメージです。
持った感じは、FUJI X-T4 よりもふたまわりほど大きいイメージです。

ええ、またFUJIに戻ってきました。しかも、今度はラージフォーマットのGFXです。

そもそも何故ライカバンザイ党に属している私が、GFX50SⅡ を手に入れたのかというと…以前のブログに「80mm〜160mmほどのズームレンズをライカさんに出して欲しいっす」的なことを述べた上、結局その思いは成就されないであろうということで、SL2-S用の望遠ズームレンズを手に入れることを諦めた事をアップしました。

持った質感は、安っぽくはないですが Leica SL2-Sに比べると、残念ながら結構落ちます。
持った質感は、安っぽくはないですが Leica SL2-Sに比べると、残念ながら結構落ちます。

で、その後も性懲りも無くマップカメラで80mm〜160mmほどの焦点距離のズームレンズがないか漁っていたところ…ありました…それこそが、GF100-200mmF5.6 LM OIS WRなのです。

ラージフォーマットのためフルサイズ換算の焦点距離を出すには、0.79をかける事になります。よって、100mm〜200mmの焦点距離は、79mm〜158mmになります。

EVFの見えは十分ですが、やはりSL2-Sを150点としたら80点ぐらいですね。ただ、SL2-SのEVFが素晴らし過ぎるだけかもしれませんが…。。
EVFの見えは十分ですが、やはりSL2-Sを150点としたら80点ぐらいですね。ただ、SL2-SのEVFが素晴らし過ぎるだけかもしれませんが…。。

え〜これってぇ…ウチのぅ、思っていたのとおんなじですぅ〜…と、ちょっとおバカな女子高生風に喜んでみたのですが、ラージフォーマットのカメラなど、今まで考えた事はありませんでした。

しかし、SL2-Sの望遠ズームであるSL90-280mmは80万円以上します。しかし、GFXなら、カメラのGFX50SⅡ(新品) + GF100-200mmF5.6 LM OIS WR(良品中古) でも60万円ぐらいです。

シャッターフィーリングは、ラージフォーマットにしては軽い感じです。手応えなどの質感もSL2-Sに比べると下がります。
シャッターフィーリングは、ラージフォーマットにしては軽い感じです。手応えなどの質感もSL2-Sに比べると下がります。

う〜ん…これ以上マウントを増やすのは色々ヤバイのはわかっていますが、欲しい…欲しい!…欲しい!!…というワケで、ポチっちゃいました…テヘペロ。。

まぁ元々GFX50SⅡは、ライカMレンズをつけてフィルムシミュレーションで撮りたいと、以前からブログでも雄叫びを上げていたので、手に入れても長く楽しめる要素は満載です。

モードダイヤルは、SL2-Sを使っている身では、あまり必要を感じませんね。FUJIらしくISO値やシャッタースピードのダイヤルにすればよかったのに…。
モードダイヤルは、SL2-Sを使っている身では、あまり必要を感じませんね。FUJIらしくISO値やシャッタースピードのダイヤルにすればよかったのに…。

ただね…SL90-280よりは20万円ほど安いといっても、60万円は資金不足の私にはキツイ…。よって、Leica CL、Leica D-LUX7、ズミクロン M35mmF2 ASPH. 、ズミクロン M50mmF2 (6bit)、を中心に下取りに出しました。

GF100-200mmF5.6 LM OIS WR をつけた勇姿。見た目よりも軽い印象です。SL2-S + SL24-90mmF2.8-4 ASPH. よりも軽いです。
GF100-200mmF5.6 LM OIS WR をつけた勇姿。見た目よりも軽い印象です。SL2-S + SL24-90mmF2.8-4 ASPH. よりも軽いです。

そ〜どす…また、マップカメラを儲けさせたでありんす。。

とはいっても、マップカメラも正月の色々なイベントをしていたので、思ったよりもお得にゲットできたのはラッキーでした…ありがとう、マップカメラ。。

とりあえずGFX50SⅡには、GF100-200mmの望遠ズームレンズと、マウントアダプターを介して、ライカMレンズで楽しく撮影をしていこうと思います。

中古なので個体差かもしれませんが、ズームリングが軽いです。手が当たれば、簡単にズレるぐらいです。自重で勝手に変わるかどうかは、今後の撮影時に確認します。
中古なので個体差かもしれませんが、ズームリングが軽いです。手が当たれば、簡単にズレるぐらいです。自重で勝手に変わるかどうかは、今後の撮影時に確認します。

もし今後、他のGFレンズを手に入れるとしたら、ロードマップに載っている今年に出る予定のGF20-35mmぐらいかなぁ。標準域は、Leica SL2-S + SL24-90mmF2.8-4 ASPH. という最強の組み合わせがあるので、必要を感じません。

三脚座をつけて撮影していますが、少しでも軽くしたいので外しました。そうすると、かなり軽快感出ます。
三脚座をつけて撮影していますが、少しでも軽くしたいので外しました。そうすると、かなり軽快感出ます。

まぁそもそもLeica 謹製のSLレンズが高すぎるので、他のマウントに目がいってしまった感があります…浮気亭主の常套句みたいだな…。。

それでも折角ラージフォーマットのカメラとレンズを手に入れたので、その圧倒的と言われる描写を堪能してみようと思います。

今回の機材 Leica SL2-S + SL24-90mmF2.8-4 ASPH.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。