しれっと Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH. シルバーを手に入れていたりして

Scroll down to content
はぁ〜…と、ため息がでるほどカッコイイですね。ただ、嗚呼…と、涙が出るほどの支払いが待っています。
はぁ〜…と、ため息がでるほどカッコイイですね。ただ、嗚呼…と、涙が出るほどの支払いが待っています。

え?キミは、もうMレンズはズミルックス M50mmF1.4 ASPH. で打ち止めにしたっていってなかった?…あ〜年明け早々にまた嘘つきだね…と、お嘆きの貴兄もいると思いますが、マップカメラでズミルックス M35mm F1.4 ASPH. の程度の良い美品が出ていたのですわ。

そ〜どす…また、マップカメラを儲けさせたでありんす。。

とはいっても、マップカメラも正月の色々なイベントをしていたので、思ったよりもお得にゲットできたのはラッキーでした……ん?なんか既視感のあるコメントだ…。

まぁそもそも新品で70万円もするレンズです。私みたいな庶民のくせにライカが好きなニンゲンは、程度の良い中古を涎を垂らしながら待っているしかないのですわ。

というワケで、今年のレンズ漁りはこれにて終了…にしたいですね。。

私に、28mmの楽しさを教えてくれたQ2は、まさしく神です。。一緒に墓に入れてもらいたいぐらい愛しています。
私に、28mmの楽しさを教えてくれたQ2は、まさしく神です。。一緒に墓に入れてもらいたいぐらい愛しています。

そもそも、私は50mmより上の焦点距離が好きなニンゲンです。35mmを使い込んでいくのかと言えば微妙な感があります。

しかし、Leica Q2の28mmレンズで撮るのは好きです…いや、大好きです。じゃあ35mmも好きになるじゃん…とは、ならないのが拗らせカメラヲタの性癖です。

まずライカ MレンズはQ2のズミルックス 28mmF1.7 ASPH. みたいに、被写体に寄って撮る事ができません。つまり、被写体にグッと寄って、35mmのパース感を効かせながらボケ描写を楽しむ事が難しいのです。

M10-R とのマッチングも素晴らしいズミクロン M35mmF2 ASPH. です。もっといっぱい撮っておけば良かった。
M10-R とのマッチングも素晴らしいズミクロン M35mmF2 ASPH. です。もっといっぱい撮っておけば良かった。

その為、まだお子ちゃま気質が抜けきれていない51歳のおじさんは、自分の腕前が悪いことを棚に上げて、ボケを感じさせにくいから満足できないよ〜と言い放ち、ズミクロン M35mmF2 ASPH. という銘玉を下取りに出すという暴挙を平気でしたのです。

しかしMレンズに35mmがないとモヤモヤ感が残ります。そこで思いついたのが、ズミルックスのF1.4の大口径なら、被写体に寄らなくても十分なボケを楽しめるじゃん…という短絡的な考えです。

ズミルックス M50mmF1.4 ASPH. シルバーは、ブラックよりもお値段も高く、120g程重いです。しかし見た目重視の私は、問答無用にシルバー一択です。
ズミルックス M50mmF1.4 ASPH. シルバーは、ブラックよりもお値段も高く、120g程重いです。しかし見た目重視の私は、問答無用にシルバー一択です。

また、ズミルックスM50を使っていると、ズミクロンとは違う線の細さを感じる写りの虜になってきます。そう…繊細でありながらも、存在感のあるピント面の写りに、ライカの写りとは、カクアルベキでござる…と、イッパシの口を叩きたくなるのです。

そんなワケで、今年もカメラメーカーやマップカメラの思惑通りに機材を漁りまくっています。FUJI GFX50SⅡ と同様に、しっかりとズミルックス M35、M50も使い込んでいこうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。