ちょっと普段使い風にFUJI GFX50SⅡ + GF32-64mmF4 R LM WRを使ってみた件

Scroll down to content
地元の自慢『瀬戸大橋』です。見るのも乗るのもお世話になっています。
地元の自慢『瀬戸大橋』です。見るのも乗るのもお世話になっています。

まぁね…普段使いというか、娘やお袋とお出かけするときは、なるべく荷物を減らしたいから持って行くカメラは、Leica Q2の様な軽くて小さくて、写りの良いカメラになるのですが、やっぱり28mmという画角が、時には気に入らないお年頃でもあるのですわ。

見た目は、フルサイズ機と大三元標準ズームレンズ的なものです。換算25mm相当から撮れるのは、嬉しいポイントです。
見た目は、フルサイズ機と大三元標準ズームレンズ的なものです。換算25mm相当から撮れるのは、嬉しいポイントです。

そんなワケで、GFX50SⅡ + GF32-64という換算約25mm-50mmをカバーできるズームレンズとラージフォーマットのカメラで、娘たちの目を盗んで撮影をして来たのでござる。

巨大な建造物は、いつ見ても心が躍ります。よくもまぁ…こんなデカイ橋を作ったもんだ。
巨大な建造物は、いつ見ても心が躍ります。よくもまぁ…こんなデカイ橋を作ったもんだ。

というか、お昼ご飯を二人に食べさせた後に、近くの公園に無理やり散歩に出かけた次第です。そこは、瀬戸大橋が下から眺められて、他県人達からは絶大な人気を集めているスポットです。

日向にいるから暑いんだよ…と言っても、言う事を聞きませんね。滞在時間は、5分ほどでしたわ。
日向にいるから暑いんだよ…と言っても、言う事を聞きませんね。滞在時間は、5分ほどでしたわ。

でもね…昼食後の腹が膨れて眠そうにしている二人には、夏日のクソ暑い中に公園に連れ出されたことに不満タラタラで、さっさと撤収する羽目になりましたわ。

ふふふ…しかしそんなことは百も承知で行ったワケのですが、今回の真の目的は、果たしてGFX50SⅡ + GF32-64の組み合わせでも、楽しく普段使いができるのか、重くてしんどくないのかをチェックするつもりでもあったのです。

撮りにピントを合わせて撮りました。のんびりしたAFなのだヤキモキします。
鳥にピントを合わせて撮りました。のんびりしたAFなのだヤキモキします。

で、実際は1.8kgよりも軽く、エゴノミクスデザインのカメラであるGFX50SⅡ + GF32-64は撮影をしている限りでは、重さから使い辛さを感じることもなく、快適に撮影ができました。

今度は横から見えるところに移動してパシャリ。ええ、娘達は車から出る事なく、私一人がキャッキャ言って撮っていました。
今度は横から見えるところに移動してパシャリ。ええ、娘達は車から出る事なく、私一人がキャッキャ言って撮っていました。

また、今回は斜めがけのボディーバックに入れて移動したのですが、体に密着するバックに入れていると、あまり重さを感じるカメラシステムでもなく、むしろカッチリとしたカメラデザインは、少々の邪険な扱いでも故障を感じることのない堅牢性を感じました。

まぁ…つまりは、日頃からバックに入れてガシガシ使っていけるカメラとレンズなのですわ。

F8まで絞りました。かっちりとした写りに満足ですね。電車が通ってくれていたら嬉しかったのですが。。
F8まで絞りました。かっちりとした写りに満足ですね。電車が通ってくれていたら嬉しかったのですが。。

ただ撮影最短距離が長いので、メシ撮りにはちょっと苦労します。それでも、ライカMレンズよりは、10cmほど短い距離で取れるので、私みたいなライカ貧乏人は扱いやすいと思います。

そんなワケで、標準ズームレンズを使うならLeica SL2-S + SL24-90mmf2.8-4 ASPH.一辺倒だった私でも、今回の撮影でラージフォーマットの標準レンズをガシガシ使う気にさせてくれました。

これからは、もっともっとラージフォーマットの写りを気軽に楽しみたいと思います。

今回の機材 GFX50SⅡ + GF32-64mmF4 R LM WR

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。