FUJI GFX50SⅡ + GF100-200mmF5.6 R WR で撮る晩夏の睡蓮

Scroll down to content
睡蓮の花はもちろん画になりますが、葉っぱもいい画になりますねぇ。
睡蓮の花はもちろん画になりますが、葉っぱもいい画になりますねぇ。

去年見つけた睡蓮が咲く秘密の池…まぁ全然秘密でもなんでもないのですが、日頃は全く行かないところに、その季節だけ見頃のものがあり、年に一度だけ撮りに行くのも風流があっていいものです。

フルサイズの大三元望遠ズーム並みな大きさですが、意外に重さはなく扱いやすいです。
フルサイズの大三元望遠ズーム並みな大きさですが、意外に重さはなく扱いやすいです。

ただね…今年は非常に暑過ぎて、睡蓮が見頃の時は出かける気にもならずにいたのですが、今頃になってやっと重い腰を上げて行ってきました。

水面のヌメっと反射した感じが、さすがはラージフォーマットで撮ると違うね…と、悦に浸れます。
水面のヌメっと反射した感じが、さすがはラージフォーマットで撮ると違うね…と、悦に浸れます。

で、今回持ち出したのは、GFX50SⅡ + GF100-200です。池の中に咲く睡蓮を撮るには、やっぱり望遠ズームが良いでしょう。ちなみに去年は、Leica SL2-S + LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S です。

今回は、コントラスト高めに仕上げています。それでいて、色味は全く飽和もせずに美しく発色してくれています。
今回は、コントラスト高めに仕上げています。それでいて、色味は全く飽和もせずに美しく発色してくれています。

どちらのシステムもRAWで撮ってレタッチするので、最終的には私のイメージする色に仕上げるのですが、出だしの色はライカチームは非常にアッサリした色だった記憶があります。

ただね…画になる睡蓮が少なくて、同じ花を色々な構図で撮っています。こんなこたなら。もっと早い時期に来ればよかったよ。。
ただね…画になる睡蓮が少なくて、同じ花を色々な構図で撮っています。こんなこたなら。もっと早い時期に来ればよかったよ。。

せっかくクソ暑い中に撮りに行った訳です…やっぱり、写し出す睡蓮はクッキリと色のコントラストを効かせて撮り、キャッキャ言いながら撮りたいものです。

やっぱり睡蓮は、コントラスト高めがいいですねぇ。エテルナよりもベルビアだね。
やっぱり睡蓮は、コントラスト高めがいいですねぇ。エテルナよりもベルビアだね。

そんなワケで、今回のフィルムシミュレーションはベルビアにしました。まぁコントラストが高過ぎて、すぐに白飛びする奴です。それでも、ラージフォーマットの高いラティチュードに期待して撮っていきました。

俯瞰気味に撮るのもお気に入りです。ハート型の葉っぱもありますね。
俯瞰気味に撮るのもお気に入りです。ハート型の葉っぱもありますね。

そもそもGFX50SⅡのファインダーも、背面モニターも解像度があまりよろしくなくて、ベルビアみたいな高いコントラストのものを繊細に映し出すことはできません。

16時ごろに撮りに行きましたので、ちょうど日も陰ってきていい感じです。
16時ごろに撮りに行きましたので、ちょうど日も陰ってきていい感じです。

つまり、ファインダー内で白飛び風味な状態でシャッターを切り、ファインダーで見るよりは幾分マシな背面モニターで写りを確認することになります。

水面に睡蓮の影ができるのも、空の雲が水面に映っているのも風情があってお気に入りです。
水面に睡蓮の影ができるのも、空の雲が水面に映っているのも風情があってお気に入りです。

ただシャドー部分に関しては、映りの階調も申し分なく、水面に鏡のように映った景色やヌメヌメした水面の立体感に、ちょっとゾワゾワする美しさを堪能できました。

こちらは、上の写真比べてかすみ除去をして、より水面の滑らかにしてみました。しっかりと画像データを取り込んでいるので、いくらでもレタッチを楽しめます。
こちらは、上の写真比べてかすみ除去をして、より水面の滑らかにしてみました。しっかりと画像データを取り込んでいるので、いくらでもレタッチを楽しめます。

もちろん、家に帰ってマックで画像を確認すれば、ラージフォーマットで叩き出したコントラストの高い破綻の全くしていない素晴らしい写りを堪能できます。

水面も睡蓮の花の色が映っていますね。それほど綺麗な池ではないと思うのですが、写真にすると綺麗に見えるのはマジックですね。
水面も睡蓮の花の色が映っていますね。それほど綺麗な池ではないと思うのですが、写真にすると綺麗に見えるのはマジックですね。

GF100-200は、開放絞りがF5.6とあまりハイスピードではないので、今回も基本的に開放絞りで撮っていきました。

まぁ美しいボケだこと。また、松の葉も実の写りも素晴らしいですね。
まぁ美しいボケだこと。また、松の葉も実の写りも素晴らしいですね。

ただF5.6といっても望遠域なので、撮るシチュエーションによっては、かなり背景をボケさせることもできるし、離れたところに咲いている睡蓮を撮るには、ちょうど良い加減のナチュラルなボケ感を堪能することもできました。

これだけ撮れば、今年の睡蓮の撮影は大満足です。また、来年に撮りにきます。
これだけ撮れば、今年の睡蓮の撮影は大満足です。また、来年に撮りにきます。

写りも良く、扱いやすいGF100-200は、私にとってはラージフォーマットのカメラを楽しむためには必須のレンズです。最初に手にれたレンズですが、これからも使い込んでいこうと思います。

今回の機材 FUJI GFX50SⅡ + GF100-200mmF5.6 R WR

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。