Leica Q2に革のレンズキャップを手に入れた件

Scroll down to content
結構何度もキャップを落としているので、傷だらけになっております。
結構何度もキャップを落としているので、傷だらけになっております。

みんなも知っているように、Leica Q2のレンズキャップはスティール製です。それはそれで高級感もあり、とってもカッコ良いのですが、これからお肌の乾燥する冬になると、キャップを外した時に滑って落としやすくなるのですわ。

おお、思った以上にカッコいいです。しかもサイズもピッタリで、付けていても勝手に落ちることもない様ですね。
おお、思った以上にカッコいいです。しかもサイズもピッタリで、付けていても勝手に落ちることもない様ですね。ところで、Leica印を勝手につけてもいいのでしょうかね?

まぁその辺も老人性乾燥肌が始まるお年頃になったので、致し方ないものと諦めていたところ…ネットで革のLeica印(タブン無登録)のついたキャップを見つけた次第です。

商品自体には、レンズキャップをカメラにつけられる紐がついていましたが、ダサいので早速切り取りました。
商品自体には、レンズキャップをカメラにつけられる紐がついていましたが、ダサいので早速切り取りました。

しかし、どうやら中華製の怪しい雰囲気満載のサイトでの販売です。だって、商品説明文もタドタドしい日本語です。注文しても果たしてちゃんとした商品が…いや、商品自体が届くのか不安になるレベルです。

この歪んだ箱は、開ける前にかなり不安になるレベルです。しかも商品がギリギリの大きさに詰まっていたので、カッターナイフで開けるのは危険です。
この歪んだ箱は、開ける前にかなり不安になるレベルです。しかも商品がギリギリの大きさに詰まっていたので、カッターナイフで開けるのは危険です。

まぁ日本円で2000円ちょいぐらいだったので、ダメでも諦めがつく金額です。実際にネットでもその革キャップをつけてたQ2を見かけることがあるので、ダメもとで注文をすると…意外というと、ちゃんと届きました。しかも国際便というのに、1週間ほどで届くという手際の良さです。

商品自体の梱包はちゃんとしていました。雑な手作り感満載の箱は、商品保護として一枚の適当にカットした段ボールが底に入っているのが、何だか泣かせるような親切心を感じます。。
商品自体の梱包はちゃんとしていました。雑な手作り感満載の箱は、商品保護として一枚の適当にカットした段ボールが底に入っているのが、何だか泣かせるような親切心を感じます。。

ただまぁ…送られて来たパッケージングは、ギャグを感じるぐらいアレでしたが、日本ではクロネコでの配達でしたので、これまたちゃんとしているのでビックリしました。だって商品の値段からすれば、ちゃんと利益が出ているのか心配するほどです。。

そんなワケで、我が愛機Q2もよりレベルアップしたので、これからもQ2での撮影もより楽しくなることでしょう。

あ、商品は、AliExpressのCamila Storeというところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。