カリッといたコントラストの効いた白黒が最近の好みです。
カリッとしたコントラストの効いた白黒が最近の好みです。

最近は、Leica M10-Rで撮るときは白黒で撮るのがマイブームなのですが、とうとうQ2で撮る時も白黒で撮る様になっちゃいました。

革のレンズカバーになって、いよいよ男前度が上がりました。
革のレンズカバーになって、いよいよ男前度が上がりました。

設定は、コントラストとシャープネスを強めにしております。今の所、軟調な白黒よりもパリッとした硬めの諧調がお好みです。

カラーならボツになる写真でも、白黒なら味を感じます。ええ、もちろんそれは幻想であるのは重々承知ですわ。
カラーならボツになる写真でも、白黒なら味を感じます。ええ、もちろんそれは幻想であるのは重々承知ですわ。

もちろん+RAWでも撮っていますので、カラーが良ければ帰ってからいつものようにLightroomでレタッチすればいいのですが、やっぱり白黒はJPG出しで撮ったほうが面白いですね。

鳩と佇むおじさん。白黒なら画になりますね。
鳩と佇むおじさん。白黒なら画になりますね。

ただ白黒だとQ2はEVFなので、ファインダー内は白黒になります。やっぱり光学ファインダーで撮ったものが白黒で見える方がいいのですが、これは仕方ないでしょう。

どうせならカラスを絡めて撮ろうとスタン張っていたのですが、一向にカラスがいないので諦めました。
どうせならカラスを絡めて撮ろうとスタン張っていたのですが、一向にカラスがいないので諦めました。

背面モニターに関しては、Q2の方がM10-Rよりも解像度が高く感じるので、より実写に近い写りを映し出してくれています。その為、硬調な白黒でもシャドー部分はある程度は潰れずに階調を残して映してくれています。

35mmほどデジタルズームをしました。ベースが4700万画素なので、全く問題ないですね。
35mmほどデジタルズームをしました。ベースが4700万画素なので、全く問題ないですね。

今回は頑固にも、開放絞りで撮っていました。え?昼間に撮ったのに開放絞りとは頂けないね…と、お嘆きのお声を聞きそうですが、改めてQ2の開放絞り時での写りの繊細さを見たくなったのですわ。

この日は雲の造形が素晴らしくて、白黒日和でした。
この日は雲の造形が素晴らしくて、白黒日和でした。

それに開放絞りでもシャープな写りは、別に絞る必要はないんじゃないの?と、思えてしまう程の素晴らしさです。ただ、メカシャッターは最高1/2000sなので、すぐに電子シャッターに切り替えられます。

開放でもスタジアムの写りに関しては、ホント文句が付けられないぐらいビシッと繊細に歪みなく写っています。Q2スゲェー。。
開放絞りでもスタジアムの写りに関しては、ホント文句が付けられないぐらいビシッと繊細に歪みなく写っています。Q2スゲェー。。

まぁ私の性癖としては、メカシャッターでのシャッターフィーリングを楽しみにシャッターを切るので、すぐに手応えの感じない電子シャッターに切り替わるのはいささか寂しいものですが、電子シャッターでの歪みはほとんど感じないのは、さすがはライカだ…F1.7の大口径レンズを余すことなく楽しめるようにしてくれているね…と、ついニヤニヤしてしまいます。

カラーで撮っても、もちろん素晴らしい写りをしてくれます。ホント手放せないカメラです。
カラーで撮っても、もちろん素晴らしい写りをしてくれます。ホント手放せないカメラです。

そんなワケで、今後はYUTA録の写真は白黒が増えそうですが、タブン一過性のものである可能性が高いのでご安心を。。

今回の機材 Leica Q2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。