Leica Q2で、ブラブラとスナップした件

Scroll down to content
え〜と…ちょっと乗ったりしました。ええ、アルコールが入っていたので、ハメを外しちゃいました。。
え〜と…ちょっと乗ったりしました。ええ、アルコールが入っていたので、ハメを外しちゃいました。。

秋の昼下がりに、食事を兼ねてスナップしました。食べたのは、ベトナム料理です。ちょっと昼ビールなんぞ飲んで、いい気分になった所でのスナップです。うん、転けなくて良かったよ。。

まぁね…やっぱりビールは日本産のが世界一美味いのではないでしょうか。あ、ギネスは別です。。
まぁね…やっぱりビールは日本産のが世界一美味いのではないでしょうか。あ、ギネスは別です。。

まぁ飲んだビールはベトナムビールの『ビア サイゴンスペシャル』というものです。表示されているアルコール度数は4%〜5%で、日本のビールよりもアルコールは1%ほど少なく、昼ビールには最適でしょう。

いつも持ち歩けるライカカメラとして、一家に一台欲しいカメラです。
いつも持ち歩けるライカカメラとして、一家に一台欲しいカメラです。

味は、う〜ん…薄くて、ヌルい。。ビールをキンキンに冷やしてなくてヌルいのもあるのですが、日本のビールに比べてキレがなく、風味も乏しいような…。ただまぁベトナム料理との相性は当然良く、美味しく頂きました。

ベトナムの麺料理といえばフォーですよね。大好きです。
ベトナムの麺料理といえばフォーですよね。大好きです。

食べた料理は、ベトナム風『牛肉うどんとミニ焼豚丼』で、つるりとした食感で、モチッとした噛みごたえの優しいフォーの太めの麺みたいなのが入っています。

あ、絵面が合いませんね。何だか今回もスナップは白黒になっちゃいました。
あ、文章と絵面が合いませんね。何だか今回もスナップは白黒になっちゃいました。

牛肉は薄切りで柔らかく煮込まれており口の中で蕩けました。また、スープもエスニック感を感じながらも、牛骨の出汁が効いて優しい美味しさでした。

ぶっきらぼうなネギの切り方に、何だか心配になりますが、丼の味は美味しかったです。
ぶっきらぼうなネギの切り方に何だか心配になりますが、丼の味は美味しかったです。

ミニ焼豚丼もナッツが入っており、日本の焼豚丼とは違うのだよ…と、主張しているかのようです。実際に焼豚も甘辛いのは同じですが、使う香辛料が違っていてエスニック感を増しています。

ベトナム料理では、ライスペーパーに包まれた海老の生春巻きが有名ですよね。うん、確かにサイコーに美味かった。
ベトナム料理では、ライスペーパーに包まれた海老の生春巻きが有名ですよね。うん、確かにサイコーに美味かった。

あと写真の絵面が欲しかったので、セットのおつまみも頼みました。どれも味付けは穏やかでペロリと食べれる美味しさです。もしかして、日本人向けに味の濃さを抑えているのかもしれませんね。

同業者の店のオブジェです。経験上、この手のオブジェは店舗設計会社からの提案であり、それが割と客ウケに良かったりします。
同業者の店のオブジェです。経験上、この手のオブジェは店舗設計会社からの提案であり、それが割と客ウケに良かったりします。

その後は、腹ごなしに岡山城まで歩いてスナップです。街路樹の紅葉を撮ろうと思っていたのですが、何故か裏通りばかりを通ってしまい、今回も白黒が多くなりました。

岡山の街にはチンチン電車が通っています。うん、チンチンという表現は、おじさんウケに良いですね。
岡山の街にはチンチン電車が通っています。うん、チンチンという表現は、おじさんウケに良いですね。

メシ撮りから、歩いてスナップするにはQ2がやっぱりサイコーですね。片手で扱える気軽さがあります。常にバックから出していつでも撮れるようにしておきたいです。

何だか規則正しく並んでいるものを撮りたくなるのは、カメラヲタの性癖の一つだと思います。
何だか規則正しく並んでいるものを撮りたくなるのは、カメラヲタの性癖の一つだと思います。

来週は東京に仕事を兼ねて行くのですが、お供のカメラはやっぱりQ2が良いですね。Q2で食事とスナップを楽しんできます。あ、もちろん仕事もちゃんとしてきます。。

今回の機材 Leica Q2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。