Leica M10-R + ズミルックスM35mmF1.4 ASPH.FLEの白黒で撮る浅草スナップ

Scroll down to content
浅草に行けば、みんな撮る場所でね。早速、M10-Rでパシャリです。。
浅草に行けば、みんな撮る場所でね。早速、M10-Rでパシャリです。。

久しぶりに東京に行きました。ええ、ちょっとコロナが心配でしたが、仕事でしたので仕方なく行ったのですが、せっかく行ったならやっぱりスナップをしたくなるのは、カメラヲタの性癖でしょう。

まぁカッコ良すぎですね。M10-Rには、このレンズのみでいいのではないのでしょうか。
まぁカッコ良すぎですね。M10-Rには、このレンズのみでいいのではないのでしょうか。

そんなワケで、東京に持っていくカメラを考えたところ、Leica Q2だとどのような場面でもそつなく楽しめると思い、ほぼQ2に決めかけたところ、先日のブログにも書いたようにRICOH GRⅢxを手に入れたので、メシ撮りはGR3xに任せて、スナップは最近のお気に入りのM10-R + ズミルックスM35にしようと思い、急遽今回のシステムで行った次第です。

まずは開放絞りで奥の浅草寺の門にピントを合わせてパシャリ。手前から奥に向かってピントが合っていく様が美しい。
まずは開放絞りで奥の浅草寺の門にピントを合わせてパシャリ。手前から奥に向かってピントが合っていく様が美しい。

まぁ確かに35mmではなく、28mmのQ2が恋しい場面もありましたが、やっぱりスナップの王道のM10-Rを東京に持って行かない田舎者はいないと思いますし、実際に浅草でのスナップは観光地でもあり、カメラをぶら下げている人も多いのでやりやすいですね。

スナップを撮っているカメラヲタなら、絶対にとってしまうでしょうね。
スナップを楽しんでいるカメラヲタなら、絶対に撮ってしまうでしょうね。

また今回も白黒を中心に撮っていったのですが、ズミルックスM35の先鋭な写りは、白黒で写すことでより鋭くなり、M10-Rの背面モニターで見ても、帰ってマックの27インチのモニターで見ても、全く変わらない美しい写りを堪能できます。

外人さんも御神籤を引いていました。あ〜ちゃんと書かれている意味わかるのかしら。。
外人さんも御神籤を引いていました。あ〜ちゃんと書かれている意味わかるのかしら。。

浅草では、外国人の観光客も戻ってきていて、コロナ前の賑やかな感じが戻ってきているようでした。やっぱり閑散としている場所よりも、賑やかなところでレンジファインダーで素早くピントを合わせて撮るのは、快感ですね。

ホント立体感を感じる写りです。あゝもっとたくさん撮りたい。。
ホント立体感を感じる写りです。あゝもっとたくさん撮りたい。。

慣れれば、時にはQ2のAFで撮るよりも素早くピントを合わせられますし、35mmという画角は少々ピントがズレていても、あまり問題なく写してくれます。

カラーで見ても、ホント惚れ惚れする写りでしたが、白黒で見るとより瓦の繊細な写りを楽しめます。ハッキリ言ってラージフォーマットで撮ったものと遜色ないと思います。
カラーで見ても、ホント惚れ惚れする写りでしたが、白黒で見るとより瓦の繊細な写りを楽しめます。ハッキリ言ってラージフォーマットで撮ったものと遜色ないと思います。

まぁ白黒で撮ればよりピント面のアヤフヤな感じはスポイルされるので、余計にM10-Rで撮るメリットを享受できますね。

難しい瓦の写りも問題ないですね。河原に掛かっている影もバッチリ写っています。
難しい瓦の写りも問題ないですね。に掛かっている影もバッチリ写っています。

実際に、Leica SL2-S + MレンズでMFで撮るよりも、何倍も素早くピントを合わせられるのは、レンジファインダーのメリットだと強く感じます。

私は煙を被らなかったので、あいも変わらずバカなままですが、むしろ煙を撮りたくて頑張りました。
私は煙を被らなかったので、あいも変わらずバカなままですが、むしろ煙を撮りたくて頑張りました。

確かに某メーカーのクソ早いAFに比べれば、私如きのレンジファインダー使いでは全く勝負になりませんが、一眼カメラのMFよりは断然素早くピントを合わせられます。

ここはお寺であって神社ではありません。神社で行う振る舞いはしないように気をつけましょうね。。
ここはお寺であって神社ではありません。神社で行う振る舞いはしないように気をつけましょうね。。

まぁそんなワケで、ライカMカメラがスナップの王道のカメラと言われる所以を、田舎者の私がたくさん人のいる場所で改めて認識した次第です。

スカイツリーいいですねぇ。写真を撮っている人も多かったので、ここも写真スポットなのでしょう。
スカイツリーいいですねぇ。写真を撮っている人も多かったので、ここも写真スポットなのでしょう。

これが分かっただけでも、M10-Rは絶対に手放してはいけないカメラだ…と心に強く思いました。うん、もうマップカメラの下取りのところには入れないぞ…タブン。。

今回の機材 Leica M10-R + ズミルックスM35mmF1.4 ASPH.FLE

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。