RICOH GRⅢxで撮った東京スナップ

Scroll down to content
東京行きの飛行機の中で、ワクワクしている時に撮りました。雲海が広がっている様は、撮らないと絶対に後悔する案件です。そんな時にGR3xはサクッと撮れるサイコーな相棒です。
東京行きの飛行機の中で、ワクワクしている時に撮りました。雲海が広がっている様は、撮らないと絶対に後悔する案件です。そんな時にGR3xはサクッと撮れるサイコーな相棒です。

え〜と…今回も東京ネタですまんな。ただ今回は、GR3xで撮った東京なので、先日までのLeica M10-R + ズミルックスM 35mmF1.4 ASPH.とは違う写りを楽しんでくれたら、おじさんは嬉しいな。。

物としての質感もいいですねぇ。持っていて手に馴染むボディーは、ホント素晴らしいですわ。
物としての質感もいいですねぇ。持っていて手に馴染むボディーは、ホント素晴らしいですわ。

今回のGR3xでのスナップは、ハイコントラスト白黒(以下ハイコン)が多くなりました。というか、ほとんどハイコンで撮っています。しかも、上野のアメ横ばかりです。

白飛び、黒つぶれ…ドント来いってな感じです。
白飛び、黒つぶれ…ドント来いってな感じです。

まぁアメ横のちょっとイカガワシイ、ゴチャゴチャした雰囲気が、ハイコンの極端な明暗差のある写りとシンクロします。まぁその辺りは、撮り手の気持ち次第なのでしょうが、アメ横の色があり過ぎる環境をスパッと無くして、極端なコントラストで切り取るのは、とても気持ちがいいものでした。

明暗差の激しい中でも、しっかりと写してくれています。文句のつけようがないですね。
明暗差の激しい中でも、しっかりと写してくれています。文句のつけようがないですね。

あとね…やっぱりGR3xの小さなボディーは、まさしく神ですわ。もちろん、そこには妥協のない写りが必要なのですが、APSCセンサーなら文句はないでしょう。とにかく、スパスパとなんでもストレスなく撮れます。ホント気持ちいいですわ。

今まではRAWで撮って、なるべく白飛びをなくす様にレタッチしていましたが、ハイコンで撮る様に陽になって白飛びの面白さも感じる様になりました。
今まではRAWで撮って、なるべく白飛びをなくす様にレタッチしていましたが、ハイコンで撮る様になって、白飛びの面白さも感じる様になりました。

今回はハイコンの設定は全く弄っておらず、工場出荷時のままです。帰ってマックで見てみると、ハイコンだらけの状態はやっぱりクドイものがあります。これなら、ハイライト(明)を下げて、ハイライト(暗)をちょっと上げても良かったかも知れません。

パワハラに厳しいご時世の昨今に、これを着て仕事に行く勇気はないですね。
パワハラに厳しいご時世の昨今に、これを着て仕事に行く勇気はないですね。

ただまぁその辺りはこれまた撮り手の感覚次第なのでしょう。それぞれのコントラストをより強くだした方が好みの人もいるでしょうし、その時の雰囲気や被写体によって、設定を変更する場合もあるでしょう。

GR3xでパシャパシャ撮っていたら、ノリの良い酔っ払いのおばさんがポーズをとってくれました。あざーっす!
GR3xでパシャパシャ撮っていたら、ノリの良い酔っ払いのおばさんがポーズをとってくれました。あざーっす!

つまりGR3xは帰ってRAWで撮ったものを色々と弄るよりも、好きなイメージコントロールでJPG撮って出しを楽しんだ方がいいみたいです。

ISO6400です。流石にAPSCだと思いっきりノイジーな写りになりますね。でも、このノイズもいい味なんですわ。
ISO6400です。流石にAPSCだと思いっきりノイジーな写りになりますね。でも、このノイズもいい味なんですわ。

もちろん、RAWで撮ったものを弄っても楽しいですし、それこそ被写体によってはRAWで撮ったものがいい場合もあるでしょう。ただ面白いは高感度で撮った時のノイズの出方が、RAWよりもハイコンで撮った時の方が味のある出方をして好みなのですわ。

アメ横では飲み歩きは禁止です。でも屋台飯は美味かったです。
アメ横では飲み歩きは禁止です。でも屋台飯は美味かったです。

もちろん、RAWで撮った時の方が自然なノイズの出方なので、後で調整はやりやすいですが、ハイコンで出る高感度のノイズは、まるで新聞に載った写真みたいな雰囲気があります。

ベトナムから来ているレディーです。東京での若者は、ハイブリーチのビビットカラーの髪色が多かったです。タブン、2年後ぐらいに岡山でも大流行するのでしょう。あ〜面倒臭い。。
ベトナムから来ているレディーです。東京での若者は、ハイブリーチのビビットカラーの髪色が多かったです。タブン、2年後ぐらいに岡山でも大流行するのでしょう。あ〜面倒臭い。。

もちろん、新聞に載っているものよりも解像度はバカ高いので、ノイズで写り全体が崩壊しているワケではないです。ただ、そのノイズの出方が楽しくて、夜はハイコン縛りで撮りたくなる程の楽しさですわ。

銀杏1kgでこの値段はクソ安い。買っても岡山まで持って帰るのに疲れるのと、とても食べきれそうにないですね。
銀杏1kgでこの値段はクソ安い。買っても岡山まで持って帰るのに疲れるのと、とても食べきれそうにないですね。

そんなワケで、GR3xでのスナップは予想以上にクソ楽しいものだというのが分かりました。ただね…私がGR3xを手に入れる時に一番危惧したことがあります。

おー、腰の入った撮影です。何と撮っているのでしょうかね。
おー、腰の入った撮影です。何を撮っているのでしょうかね。

それは、GR3xでのスナップが楽しすぎて、Leica Q2を持ち出すのが少なくなるのではないか…せっかく楽しくなった28mmの世界が、また苦手になるのではないか…という事でしたが、GR3xの換算40mmの世界は、Leica Q2の28mmの世界とも違うし、違う種類の楽しさである…というのが、今回の東京でGR3xを振り回してわかった事です。

他のカラーはRAWで撮ってのレタッチですが、こちらはポジフィルム調でのJPG撮って出しです。うん、これももっと設定を詰めていこうと思います。
他のカラーはRAWで撮ってのレタッチですが、こちらはポジフィルム調でのJPG撮って出しです。うん、これももっと設定を詰めていこうと思います。

今度は、Q2とGR3xの2台持ちでスナップに行きたいですね。なんだか考えただけで、ワクワクします。おじさんをこんなにワクワクさせるなんて、ホント罪なカメラだわ〜。。

今回の機材 RICOH GRⅢx

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。