Leica M10-R + アポズミクロンM75mmF2 ASPH.で撮る紅葉

Scroll down to content
老眼ボーイが、レンジファインダーでモミジにピントを合わせるのは、非常に大変な作業なのですわ。
老眼ボーイが、レンジファインダーでモミジにピントを合わせるのは、非常に大変な作業なのですわ。

最近は、M10-RにはめっきりズミルックスM 35mmF1.4 ASPH.をつけることが多くなったのですが、他にも色々とMレンズを持っているので、何だか貧乏根性がニョキニョキ出てきたため、今回はアポズミM75で紅葉を撮ってきました。

ズミルックスM35の付いているM10-Rを見慣れているので、アポズミM75はとってもデカく感じます。
ズミルックスM35の付いているM10-Rを見慣れているので、アポズミM75はとってもデカく感じます。

まぁ元々望遠側が好きなニンゲンな私ですなので、35mmよりもグッと引き寄せて撮れることにすぐキャッキャと言いながら楽しめました。

F5.6でこのボケ量です。F2の開放絞りなんていりませんわ。
F5.6でこのボケ量です。F2の開放絞りなんていりませんわ。

ただ、あれ程「Mレンズは、開放絞り付近で撮るのが好きなんですわ」と、ドヤ顔で言っていたのに、同じF値でもズミルックスM35よりもはるかにボケるアポズミM75の写りに、ちょっと面食らいました。

こちらは、ちょっと距離があったので頑張って開放絞りで撮りました。開放絞りでも高い解像感に大満足です。
こちらは、ちょっと距離があったので頑張って開放絞りで撮りました。開放絞りでも高い解像感に大満足です。

まぁ当たり前っちゃ当たり前ですね。倍以上の焦点距離なんだから同じF値に設定してもボケ量が違いますわ。そんな事は頭で分かっていても、撮った後に背面モニターで確認すると老眼ボーイの私には、どこにピンがちゃんと来て、どこからボケ始めているのか…と、確認するには至難の業なんです。

後楽園で人気の水車周り。人がいない瞬間を狙って撮りました。黄葉したモミジと雰囲気合いますねぇ。
後楽園で人気の水車周り。人がいない瞬間を狙って撮りました。黄葉したモミジと雰囲気合いますねぇ。

それならいっそのこと撮ってもいちいちチンピングなどせずに、撮ったら次の被写体に目を向けていけばいいのでしょうが、先にも書いたように私は貧乏根性なので、撮った獲物はその都度確認しないと落ち着かないのですわ(ドヤ)。

ちなみにこちらはF4まで絞っています。美しいボケ味ですねぇ。撮っていて楽しいですね。
ちなみにこちらはF4まで絞っています。美しいボケ味ですねぇ。撮っていて楽しいです。

そんな事でドヤ顔をしても致し方ないのですが、久しぶりにM10-Rで撮るアポズミM75のボケ味は美しいですねぇ。

この様な被写体は、紅葉にピントを合わせずに、木の枝にピントを合わせるのがレンジファインダーで撮るコツです。
この様な被写体は、紅葉にピントを合わせずに、木の枝にピントを合わせるのがレンジファインダーで撮るコツです。

実際には、F4〜F8ほどに絞っているのですが、1m〜4m内の比較的近くの紅葉を撮っているので、十分にボケてくれます。それにその距離内で紅葉を開放絞りで撮ると、背景がボケすぎて面白くないのですわ。

夜にはライトアップしているみたいですね。でも、昼の方が紅葉は綺麗だと思います。
夜にはライトアップしているみたいですね。でも、昼の方が紅葉は綺麗だと思います。

フン、ホントは近めの距離で紅葉を開放絞りで撮ると、ピントをちゃんと合わせられないのだろうって?ええ、仰る通りですわ。。

F11まで絞ってもこのボケです。約1mの紅葉にピントを合わせました。
F11まで絞ってもこのボケです。約1mの紅葉にピントを合わせました。

まぁ今回、M10-RでズミルックスM75を付けて思ったのは、やっぱりM10-RにはズミルックスM35でスナップするのが一番楽しいね…というのと、Mレンズの中望遠を使うならLeica SL2-Sにつけた方が楽しいね…という事です。

芝生に落ちた紅葉もいいですねぇ。75mmは画角がちょっと狭いので、芝生と紅葉を絡めて撮るのは、割と場所を選びます。足場が悪い所だと怪我の原因になるので気をつけましょう。
芝生に落ちた紅葉もいいですねぇ。75mmは画角がちょっと狭いので、芝生と紅葉を絡めて撮るのは、割と場所を選びます。足場が悪い所だと怪我の原因になるので気をつけましょう。

そもそもモミジをクローズアップして写すなら、一眼カメラの方が撮りやすいし、レンジファインダーで撮るなら、紅葉のある風景を引いて狙った方がストレスがないのではないかと思います。

竹林からのチラリズムです。今時期ならではの色の対比で美しいですね。
竹林からのチラリズムです。今時期ならではの色の対比で美しいですね。

その辺りは、私のレンジファインダー使いとしての技術の至らなさから導き出された答えなのですが、やっぱり暫くはM10-RにはズミルックスM35がつけっぱなしなっていると思います。

今回の機材 Leica M10-R + アポズミクロンM75mmF2 ASPH.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。