ワタクシが勧める初心者のカメラとレンズのシステム

Scroll down to content

9156A7C5-F667-4492-B1F5-3F550313221C_1_105_c.jpeg

以前のブログで、カメラ沼にハマってしまい、紆余曲折を経て、今のカメラとレンズの構成になったのを書きました。そこで、もし今のワタクシの少ないカメラ知識と経験から導き出された、カメラ初心者の最良のカメラとレンズのシステムは、どの様なモノがオススメなのかを考えてみました。もちろん組上げるシステムは、ペンタックスです。

以下に、ワタクシがマップカメラで推奨システムを揃えた場合の内容と金額を載せておきます。もちろん、一気に全てを手に入れずに、まずはボディーとレンズのセットを一つ用意して行き、徐々にシステムを構築して行った方が楽しいですし、カメラや写真の勉強にもなると思います。全て新品を載せていますが、中古でも大丈夫です。しかし、中古でもマップカメラなどの信頼のおけるカメラ専門店での購入をお勧めします。それなりに良い状態の中古をマップカメラで買うとしたら、新品の2〜3割ダウンと思って良いでしょう。

スクリーンショット 2020-07-16 20.28.56.png

スクリーンショット 2020-07-16 21.34.46.png
K-70

まずは、ボディーがないと話になりません。やはりフラッグシップのK-1 Mk2…と言いたい所ですが、こちらはカメラ沼にどっぷりとハマって、買い足しで購入するのが宜しいと思いますので、まずはK-70をゲットするのがオススメです。K-70については、こちらに記事を上げていますので、参照して下さい。

スクリーンショット 2020-07-16 21.28.32.png
FA20-40mmF2.8-4Limited

そして最初に手に入れるレンズは、ズームレンズのDA20-40mmF2.8-4Limitedです。実はこのレンズはワタクシは使ったことがありませんが、作例などを見ても素晴らしい写りなのと、見た目や触った時の質感が最高にカッコいいです。やはり、最初に手に入れるレンズは、写りは当たり前として、見た目も良い方がカメラを持ち出す気分も上がるというモノです。それに、換算30mm〜60mmの焦点距離は、広角レンズから標準レンズまでをカバーしているのと、広角側は広すぎない為、初心者でも画角を整理しやすいでしょう。またテレ側も60mmまであるので、あとちょっと引き寄せたい時に便利です。二倍ズームなので、単焦点レンズと同じ様に足である程度、画角を調整しないといけないので、その部分もカメラの勉強になり良いと思います。この時点で、ペンタキシアン度40%です。

スクリーンショット 2020-07-16 21.30.13.png
DA☆55mmF1.4

2番目に手に入れるレンズは、DA☆55mmF1.4でしょう。ちょっと古いレンズですが、換算85mmでF1.4の素晴らしいボケ味を堪能できます。また、ペンタックス自慢のスターレンズですので、設計は古くても写りは最新のレンズにも引けを取っていませんし、何よりも値段が安い。人物のポートレートに、近所の野良猫に、季節の花々と守備範囲が広く、ズームレンズとは違う作品撮りとしての楽しみを味わえます。ペンタキシアン度60%です。

スクリーンショット 2020-07-16 21.31.06.png
DA☆200mmF2.8

3番目は、DA☆200mmF2.8でしょう。この頃には自分なりのカメラの使い方や楽しみ方を分かって来ている筈ですので、ちょっと望遠レンズに手を出しましょうか。もう1万円ほど出すとDA☆300mmF4が手に入りますが、鳥や飛行機などを撮りたいのなら300mmの方が良いですが、手持ちで色々と撮って楽しみたいなら、200mmをお勧めします。このレンズで開放F2.8にして撮ると、背景がとろける様なボケを楽しめます。ホント一眼レフカメラを趣味にして良かったぁ…とため息が出ます。ボケがかなり強力に出ますので、深度調整をして、好みのボケ具合を探っていく様になり、「ただ開放ばかりで撮るのはシロウトだね」などといっぱしの口を叩ける様になります。ペンタキシアン度80%です。

スクリーンショット 2020-07-16 21.32.01.png
FA77mmF1.8Limited

4番目は、FA77mmF1.8Limitedです。所謂FAリミテッド三姉妹の次女です。タブン世界に100万人はいるペンタキシアンの誰もが絶賛して病まないレンズです。しかし、ちょっとクセがあるレンズなのは事実ですし、また写りの良さが分かるのは、ある程度経験を積んでいた方が分かりやすく、上手く撮れた時の感動も大きいでしょう。それに換算118mmの単焦点レンズは、K-1などのフルサイズにはない焦点距離なので、何気に自慢できます。

そしてここまでになると、ペンタキシアン度は100%になり、友人に自分はペンタキシアンであると自慢ができます。もし友人から「ペンタキシアンって何?」と聞かれれば、ちょっと憐む様な目で、ペンタックスのカメラの素晴らしさと、ペンタキシアンの社会的な貢献度などを優しく教えてあげましょう。

その後は、K-1 Mk2などにステップアップしても良いでしょう。レンズもDA20-40mmF2.8-4Limited以外は、フルサイズでもケラレなく使えますので、ボディだけを手に入れても、すぐにフルサイズカメラを楽しめます。または、FAリミテッド三姉妹をコンプリートしても良いですし、気になる焦点距離のDAリミテッドを手に入れるか、大三元レンズを手に入れても良いでしょう。

という訳で、ワタクシの独断と偏見で書き連ねてきました。ワタクシの望遠好きが炸裂している内容です。しかし、きっとペンタキシアンの数だけ、オススメのシステムはあるでしょう。また、人それぞれのカメラの楽しみもありますので、このシステムがカンペキ…などとは思っていませんのでご了承ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。