標準レンズに夢中 PENTAX K-1 Mk2 + DFA☆50mmF1.4

Scroll down to content
6A258CF1-03E4-4D82-BC0D-E4EAFF33B173.jpeg
今回のレタッチは、Lightroomのプリセットのテーマ:旅行から選んで微調整しています。

カメラ趣味を始めた頃は、望遠レンズが好きで何でもかんでもボカしてキャッキャ言っていましたが、その内広角レンズにちょっとハマってきて、最近になってやっと標準レンズが好きになってきて、相変わらず節操のない毎日をワタクシは過ごしていますが、みんなは何ミリのレンズが好きかな?

99096FCC-1702-4382-A093-63F60C027D02.jpeg
撮った場所は、牛窓海岸や牛窓神社です。で、立ちションダメ絶対の鳥居と看板です。

という訳で、巡り巡って標準レンズの楽しさが解ってきました。まぁLeica M10-Rを手に入れたお陰でしょう。M10-Rをワタクシのショボイ腕前で楽しむには、50mmレンズがちょうど良いからに他なりません。

F43C92CF-0E86-414B-9ADB-2688C8B7AD75.jpeg
咄嗟に撮ったので、AFがテトラポッドに行っていますが、猫が釣り上げた獲物を狙っている様です。

で、意外に50mmのレンズってあまり持っていないのですね。PENTAXはDFA☆50mmF1.4、NikonはCarl Zeiss Planar T*50mmF1.4(Planar50)、Leicaは、Voigtlander NOKTON50mmF1.1(NOKTON50)、Voigtlander APO-LANTHAR50mmF2(APO50)のたった4本だけです。え?十分だって?いやいや…もっと世界中のレンズを使いたいと思うのは、カメラヲタのエゴですか?それとも単なるバカですか?

36E4B9A0-9E9D-49D3-8766-9000F1BBE0A3.jpeg
港には猫が多いですね。しかもみんなよく太っている。。

そんな訳で、梅雨のいつどき雨が降るのか分からない昨今、いつゲリラ豪雨にあっても大丈夫なために、ワタクシはモンベルのレインジャケットを、カメラはPENTAX K-1 Mk2 + DFA☆50mmF1.4(DFA50)の組み合わせで突撃するのがベターでしょう。しかし金欠のためワタクシのパンツは防水仕様ではないため、ホンキのゲリラ豪雨は勘弁です。

22170109-91EC-44C6-97DB-76A035452409.jpeg
青春を謳歌している若人の後ろで、黙々と仕事をするおじいさん。

今回の組み合わせは2kgを超える重さです。フォトウォークならなるべく軽い方が楽しめそうですが、そんなコトはDFA50の写りを見れば…重い?馬鹿言っちゃイケネェ。DFA50の写りをそんじょそこらのヘボレンズと一緒にすんない!と、江戸っ子節が炸裂するほどの素晴らしさを感じられます。

C5C32EB7-C024-4430-8F72-4DE412F797E5.jpeg
F8 ノーフレームで撮りました。AFが素早いので、咄嗟でファインダーを見なくても撮れます。

まぁ開放からバンバン使えるレンズです。K-1 Mk2もメカシャッターで1/8000秒の最速なので、ちょっと速度が足らなくても、F2まで絞れば十分に切れます。

AEB457E4-FCB8-4078-9871-28B2214AFCEE.jpeg
トリミングしましたが、蝶の目にピントが来ていましたので安心しました。F2.8のつもりだったのがF2.2でした。やっぱりF2.8の方が良かったかな…。

開放からピント面のキレは素晴らしく、ボケも美しい滲みを写し出します。また、絞った時の細かい部分まで描写しているのには、どんなF値を設定しても素晴らしい画を叩き出してくれるレンズです。

CC9CB9E1-06FE-4D43-BADC-A4DFED893CDA.jpeg
涼しげな佇まいを感じさせるプリセットです。

まぁ開放から安心してつかえる他の50mmのレンズは、APO50だけです。Planar50もNOKTON50も開放で撮るには、やはり被写体を選ぶ必要があります。

E7F4A896-5F56-4F0C-8F37-65CB9DC5744B.jpeg
瓦と青紅葉のコントラストがお気に入りです。開放で撮りましたが、もうちょっと絞っても良かったかな。

かと言って、全てが開放でバンバン撮れるのがサイコーだと言える程、単純な世界でないのがカメラ趣味の面白いところですが…。。

26E9A97E-5C7B-4D75-AD8F-1346C1D7B8E3.jpeg
開放で撮っても、欲しいところにちゃんとピンが来て、ボケ味も上品で扱いやすいレンズです。

でもね…やっぱりDFA50やDFA☆85mmF1.4に関しては、開放で撮るのがペンタキシアンとして正しい所作であるし、PENTAXへの敬意の表れと思いますので、これからもドンドン開放祭りをする予定です。

0E336D97-8716-4D64-AEB5-5E5A3420F794.jpeg
こちらも開放です。ホント開放ばかりで撮ってもいいんじゃない?って気持ちになります。

と、言いながらも今回は割と絞って撮って行っています。絞るコトでより緻密になる写りを見るのもとても楽しいですし、F8ぐらいに絞って、素早く正確なAFを使ってノーフレームで撮ることも可能です。

A81AD4AC-5CCC-4DDA-95E0-A91594CD1452.jpeg
F8 女子達の服の肌触りまで感じられそうですね。

実を言うと、DFA24-70mmF2.8 WR(DFA24-70)を手放してから、DFA50をより使うように意識がいくようになりました。何故なら、ズームといえども50mmが被っていますし、大きさも似たようなレンズなので、どっちか使うとなると、もう片方が気になって結局両方を使わず仕舞いになっていました。

5B5D4D30-9B5A-43CB-86C3-6062EADC7A3E.jpeg
ミニチュアの祠と鳥居がありました。酒瓶もミニチュアです。

で、結局ワタクシはズームレンズよりも単焦点レンズの方が好きな性癖だと理解できましたので、DFA24-70を手放すことで、DFA50をより使い込みたい気持ちになったみたいです。うん、オトコココロもムズカシイモノだ。。

AB1A6F70-5CE8-4B00-A119-F8EA0F4BB04A.jpeg
とりあえず鳥居が並んであると撮るのは写真家の性癖です。

という訳で、今までこんな素晴らしいレンズをあまり使っていなかったのを取り戻すためにも、しばらくDFA50を堪能して行こうと思います。今度はどこの風景をDFA50で撮ろうかなぁ〜。。

今回の機材 PENTAX K-1Mk2 + HD PENTAX-D FA* 50mm F1.4 SDM AW

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。