どうしてもレンジファインダーで撮りたくなったので、早起きして撮りに行った件 Leica M10-R + ズミルックスM50mmF1.4 ASPH.

Scroll down to content
光陰礼賛。この手の写りは、SL2-SよりもM10-Rの方が得意です。やっぱり測光方式の違いでしょうかね。
光陰礼賛。この手の写りは、SL2-SよりもM10-Rの方が得意です。やっぱり測光方式の違いでしょうかね。

え〜とね…ビゾフレックス2を手に入れてからは、M10-Rのカシラにずっと鎮座させていて、レンジファインダーで撮れにくいものをビゾ2で撮るんだ〜…と、はしゃいでいた日々も過ぎ、毎日クソ暑い日々を送っている皆様…やっぱりLeica Mカメラはレンジファインダーで撮らないとダメだね…と、気がついていると思いますが、炎天下でレンジファインダーで撮るのはキ○ガイ沙汰なので、ビゾ2で撮ることを薦めてるいるYUTA録は、暑さでアタマがどうにかなっているので、ビゾ2を外して撮影を楽しんできました。

やっぱりカシラにビゾ2が乗っていないのは、スッキリしていいですねぇ。ビゾ2…手放そうかしら。。
やっぱりカシラにビゾ2が乗っていないのは、スッキリしていいですねぇ。ビゾ2…手放そうかしら。。

と、ちょっとワケがわからない書き出しですが、要はビゾ2を付けていると、M10-Rが楽しめないので、ビゾ2を外してレンジファインダーでスナップを楽しんできたのでござる。

今回も相変わらず、開放絞りばかりです。別にビゾ2が無くても、開放絞りで撮れるんだからね。
今回も相変わらず、開放絞りばかりです。別にビゾ2が無くても、開放絞りで撮れるんだからね。

やっぱりね…M10-Rなどは、令和に開発されているカメラ群からすれば、ちょっと趣味性が強い…というか、クソ面倒臭いカメラなので、ビゾ2などと言ったオシャレで便利なものを付けて撮影するよりも、自分でピントを合わせて失敗してもレンジファインダーで撮るのが至高の嗜みなのでござる。

白と黒とグレイで表示される世界は、より光を感じさせますね。
白と黒とグレイで表示される世界は、より光を感じさせますね。

つまり私が言いたのはカメラ趣味など個人の楽しみであって、例えば向日葵にAFレンズでジャスピンを合わせたところでウクライナが幸せになることもないので、とりあえずレンジファインダーで色々撮ってみて、その結果ボツ写真を量産するという人生の失敗を体験することになっても、それは世界平和には必要な経験であり、その為には大好きなズミルックスM50というハイスピードなレンズが必要なのであり、最終的に今回の組み合わせになったのですわ。

誰かが落としたハンカチ。知らない人の汗をたっぷり吸っていると思うと、ちょっと触りたくないですね。。
誰かが落としたハンカチ。知らない人の汗をたっぷり吸っていると思うと、ちょっと触りたくないですね。。

え?余計にワケが解らないって?…フッ、まだ世界は私に追いついていないということか…ってサーセン…連日の暑さで頭がおかしくなっているみたいですわ。。

割とJPGでもトリミングはしっかりできます。さすがは40M画素です。
割とJPGでもトリミングはしっかりできます。さすがは40M画素です。

実際にズミルックM50は、別にM10-Rにだけ付けて使うだけが主ではないです。Leica SL2-Sに付けてもサイコーな写りを叩き出してくれますし、むしろ開放絞りで使うならSL2-Sの方がいい仕事をしてくれます。

撮影最短距離で撮ったつもりでしたが、少々ピンが甘いですね。でも白黒なら雰囲気が良く感じるので、アップしました。
撮影最短距離で撮ったつもりでしたが、少々ピンが甘いですね。でも白黒なら雰囲気が良く感じるので、アップしました。

ただ、M10-Rで開放絞りで撮った時に、少々ピンが来ていなくても、何だか画になるモノを写し込んでいるのは、ちょっとしたマジックを感じます。

早朝と言っても7時半ごろです。自然公園内は十分に涼しかったですね。お陰で、レンジファインダーを楽しめました。
早朝と言っても7時半ごろです。自然公園内は十分に涼しかったですね。お陰で、レンジファインダーを楽しめました。

え?それはキミの勝手な思いだろって?…はい、まぁそうだと思いますが、所詮はカメラヲタの撮るモノです。撮る時の自分が楽しめればいいのではないのでしょうか。

開放絞りで撮ったので、腸の大きさでもボケを感じますね。
開放絞りで撮ったので、の大きさでもボケを感じますね。

また最近はM10-Rで撮る時は、白黒のモードで撮っています。JPG + RAWで撮っているので、白黒もカラーもどちらもレタッチできます。

上と同じですがカラーよりも白黒の方が、私は好みですね。
上と同じですがカラーよりも白黒の方が、私は好みですね。

でね、カラーで撮ったRAWものよりも白黒で撮ったJPGの方が、何だかいいものが撮れているのが不思議です。

まだ水滴が残っていますね。瑞々しさを感じたくて撮りました。
まだ水滴が残っていますね。瑞々しさを感じたくて撮りました。

まぁその辺りは、ヘタクソなライカ使いなんだね…笑って下さい。ただ何となく、M型ライカを使う人に、白黒の写りにこだわっている人がいるのがいるのは、解るような気がします。

闇よにふわりを浮き出る白い花。白黒ならではの雰囲気です。カラーだと没写真ですが、白黒だと雰囲気がいいですねぇ。
闇夜にふわりを浮き出る白い花。白黒ならではの雰囲気です。カラーだと没写真ですが、白黒だと雰囲気がいいですねぇ。

何だかんだ言っても、私のライカ歴はまだまだ浅いので、もっとM10-Rを通じて、ライカについて理解を深めたいと思います。

今回の機材 Leica M10-R + ズミルックスM50mmF1.4 ASPH.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。